2018-02-15

0からお客様を獲得するということ

行政書士事務所を開業した時点では、お客様は誰もいないという人は多いかと思います。

事務所を構えて開業すれば、通りすがりの人が来てくれるとか、電話帳に電話番号を掲載したら、あ行から探して電話してくれる、そんなことを考えている人はいないと思いますが、では、どうやってお客様が0人の状態から初めてのお客様を獲得するのか?どうすれば依頼してもらえるのか?

本当、頭を悩ませますよね。よく言う、金なし! コネなし! 経験なし! のコネなしの部分も同じようなことかもしれません。

私も記憶があります。
「開業してチラシを配れば近所の人が依頼してくれるかも?」
「知り合いに開業したよって伝えたら、誰かお客様を紹介してくれるかも?」
「ホームページを公開したら、誰か探して電話をくれるかも?」
って、本気で思っていたことを。

でも実際はそんな夢みたいなことは起きないんですよね。

では、どうしたかというと、実際にお客様から依頼を受けたのは、仕組みを作ってからです。

たまたまインターネットで、今一緒にお仕事をしているマーケッターのブリッジワークの高橋氏にメールを送り、お金を払いメンターになってもらい、毎日のように相談していました。朝起きたら今日のやることをメールして、日中も疑問が湧けばメールして、夜寝る前に今日の反省をメールして。

そして、半年ぐらいかけて売る仕組みを作り、更に半年ぐらいかけて見込み客を集め、ある時期に一斉にセールスレターを送りました。

その時にお客様になってくれた人の8割ぐらいの方々は今でもお付き合いがあります。

最初は誰しも苦労します。かかってくる電話と言えば、間違い電話かセールス電話、はたまた警察から電話が来て、お宅の事務所の前の電話番号の権利者が詐欺師で、かかってくる電話で何か犯人に繋がる情報はないか?なんて聞かれたり。

今思えば、たまたま見たインターネットの動画からブリッジワークの高橋氏に度胸を出して連絡をしたのが本当に運が良かったというのが全てです。

もしあなたが、最初のお客さをどうやって獲得するかで悩んでいだら、まずはお金を払ってでもメンターをつける。そしてマーケティングを習得して売る仕組みを作る。遠回りに感じるかもしれませんが、これが結局のところ近道だと思っています。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: