2019-01-09

どうする?100万円の使い道

昨夜からZOZOタウンの前澤社長の総額1億円、100人に100万円お年玉の話題が多く見られますが、前澤社長にとって1億円で何が手に入ったかと推測すると、たくさんのアイデアと今後の投資先でしょうか?

前澤社長が今さら純粋にZOZOタウンの宣伝費にとは考えていないでしょうから、これから先のビジネスを見据えたマーケティングと考えると、前澤社長にとって1億円は優れた投資だったのかもしれません。今回投資したアイデアのその後を追っていくのも楽しみでしょうからね。

では、まもなく行政書士さんになられるあなたは、100万円をプレゼントされたら何に使いますか?

せっかくなので友達とパーっと使ってしまおうとか、試験勉強中は旅行に行けなかったので温泉に行くとか、100万円がなくなるまでしばらく家でのんびりなんて考える人は、当然今後のビジネスが上手くいく可能性は少ないでしょう。

そうではなく、ホームページを作ってリスティング広告に投資するとか、DMを送るとか、建設業許可の申請アプリを構築するとか、ドローンの飛行自動記録アプリを制作するとか、何かしらの仕組みにお金を使う人は、きっと上手くいく可能性があります。まぁ、アプリが100万円でつくれるかどうかは別ですけど。

ただ、普段アイデアなんて早々浮かびませんので、いきなり100万円を手にいれても、実際何に使おうかなんて考えれませんが、でも、フリーランス(自営業)だと、50万円とか100万円の契約って意外とあるかもしれませんので、そのときに備えて、常に投資するアイデアを考えていくことは必要かもしれません。

「稼いだお金は全て生活費に」と考えていると、この先のビジネスは結構辛いですよ。投資しましょう、投資。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: