食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2015-05-28

1年後、3年後、5年後、あなたは何をしていますか?

開業したばかりだと、先のことなんてなかなかイメージがつかめないと思います。私もそうですから。

そんな時はこんな具合に具体的な目標を掲げてみてください。

1年後に見込み客を200名獲得する。3年後に見込み客を1000人にして、そこから売り上げを○○○万円獲得する。5年後に補助者を雇って、前年比売上○○%増を実現する。

ただし、予定通りにはいきません。ですので、あくまでイメージで大丈夫。

でも具体的な目標だけは掲げてください。目標がないと毎日ダラダラ過ごしてしまいます。目標って大切ですよ。

また開業すれば「なんとかなるさ」なんて考えないでください。自営業は自分で集客しなければお客様は来ないのです。

必ず「1年後は○○している、3年後は○○している、5年後は・・・」と具体的に。

ここが曖昧だと、開業してもこの先何をして良いかさっぱりわからない、毎日何をしようかと迷うことになります。

単に1年後は「相続の仕事をしている」とか3年後は「建設業許可申請をしている」などと小学生のような答えではダメですよ。
そんなの目標でもなんでもないですから。

なぜ、この目標が必要かというと、目先のお金に囚われない為です。
個人事業主はサラリーマンとは違い毎月定額のお金が入ってくるわけではありません。月に売上が50万円の時もあれば0円の時もあるかもしれません。そのたびに一喜一憂していたのでは精神的に持ちません。

今月、来月の売り上げが0円だったらどうしますか?居ても立ってもいられませんよね。
ですので、四半期、半期、1年ぐらいの単位で考えてください。今やっていることは半年後、1年後のためにやっている必要なことと理解して具体的な目標を立てるのです。

最後に、自分で経営することは楽しいですよ。事務所経営、やる価値は十分にあります。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事