食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-11-12

開業してからではなくて、開業する前にしておこう。

昨日、行政書士試験を受けた方、お疲れ様でした。試験勉強から本番の試験まで苦労が耐えなかったことと思います。まぁ、一週間ぐらいはのんびりするのも良いかもしれません。

試験を受けた人のなかには、弁護士試験の力試しや就職のため、資格取得だけが目的の人、そして独立するために行政書士事務所を開業したい人など、目的はいろいろかと思います。ただ、その中で、ほぼ合格は間違いないという人で、本気で独立して開業を考えている人は、一週間ぐらい休んだら早速準備を始めましょうね。

1月30日の合格発表までに2ヶ月半、それから合格証がきて、登録できるまでに早くても2ヶ月ぐらいは余裕でかかると思いますので、この4ヶ月~5ヶ月にどれくらい準備できるかが重要です。

私の知る限りでは、開業してから「これから何をしようか?どの業務を取り扱おうか?」と考える人が少なからずいらっしゃいます。

お金に余裕があり、1年ぐらい依頼がなくてもいいや、という人なら構いませんが、今まで受験予備校に多額のお金を払い、預貯金があまりない人なら、そんな悠長なことはいってられません。

まずは、お客さまのターゲットを決めて、取り扱い業務を決めて、ご自身の棚卸しをして、お客さまにお問い合わせしてもらうための特典を考えて、直ぐにでも仮定のホームページを作りましょう。

ホームページを作ると、集客するにはどうしたらいいのか?何が足りないのか?お客さまは何に困っているのか?など、いろいろ課題が見えてきます。

そして、もしかして広告費がない!!と気づいたら、アルバイトをしてでも広告費をためましょう。なぜなら、あなたが開業しても誰も知らないし、誰も興味がないからです。

ですので、開業した日から直ぐに広告を出して、少しでも地域にあなたがいることを見知らぬお客様に知ってもらい、あなたに依頼すると、こんなに良いことがある、こんなに安心して依頼できることを伝えましょう。地域の熟練行政書士や行政書士法人ではなく、新人のあなたに依頼してもらうには、広告は重要です。とにかく知ってもらうことから始めましょう。

あと、実務が不安という方は、実務セミナーもいいですが、実際にご自身がお客さまの立場になって、何に困っているのか?何に悩んでいるかを考えて、例えば、建設業許可申請など都道府県の手引きを見ながら自分で申請書類を作成してみてください。そして、どんな書類が必要なのか、どんな証明書が必要なのか、どんな条件が必要なのかを確認するのです。

手引きを読むだけでは、直ぐに忘れてしまいますので、必ず自分で必要な書類を作るのです。こうすることで、お客さまが自分で作成しようとしてどこでつまずくのか、どこで困るのかを実感するのです。運送業許可でも遺言作成でも同じです。まずは自分がお客さまの立場になり、自分で書類を作るのです。そしてもし不明な点があれば役所に聞いてください。

行政書士になる前でしたら、役所に電話する際も「行政書士なのに」という引け目を感じることなく、わからないんですが教えてくださいと堂々と質問できますからね。行政書士になってからあれこれ質問すると「書籍で勉強しろよ」と自分自身でもなんだか引け目を感じてしまいます。

そして、自分で書類を書いた上で実務セミナーに参加すると、実は効果が倍増するはずです。事前に自分で書類作成を経験することにより、不明な点も明確になり、セミナー終了後に講師に質問もできますしね。

一番おすすめしないのが、何をして良いかわからない状態で、とりあえず実務セミナーに参加すること。これでは、何をしたいのか自分でもわからないまま目的がはっきりせず、せっかくセミナーで教えてもらったことも、依頼がこない間にすっかり忘れてしまいます。

ですので、まずはターゲットとなるお客さま、取り扱い業務を決めて、自分で必要書類を作成することです。これをした上で、実務セミナーに参加してみてください。

最後に、何度も何度もくどくど書きますが、マーケティングは必要です。お客さまへの押し売りではなく、お客さまのほうから、あなたにお問い合わせが来るように、仕組みを作るためにもマーケティングを習得してください。1年、2年経ってから、もっと早くマーケティングを習得しておけば良かったと思った時には、時既に遅し、もはや預貯金も底をつき、身動きが取れない状態が多いものです。

時間は貴重です。開業する前に必ずマーケティングは習得してください。

私の仕事のパートナーの現役マーケッターの(株)ブリッジワーク代表 高橋氏が講師をしています。

90日間知識ゼロからの行政書士集客力養成講座

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事