2018-12-05

起業がエイヤーでできない理由

サラリーマンの人が起業したいと心の中で思っても、きっとほとんどのサラリーマンの人は起業しません。というより起業できません。

サラリーマンの呪縛から抜け出せない人、家族の反対によるもの、決断ができない人、理由は様々でしょうが、ほぼ共通する、その先にあるのは「お金」の心配です。起業のアイデアがないなんて、ずっとあとのことです。

きっと想像するに、次のような感じでしょうか?

  • 今より収入が減ったらどうしよう
  • 住宅ローンや学費が払えなくなるのは困る
  • 起業して収入が0円になるのが怖い
  • 自分は雇われないとお金がもらえない

起業は、なんとなくカッコいいイメージがあって憧れますが、現実はなかなか決断できないですよね。ただ、実際に起業してしまうと、今起業しようか悩んでいることは実は些細なことにしか思わなくなります。起業してしまったので、もはや前進のみ、なるようにしかならないぐらいの気持ちです。どこかに再就職しようなんて考えたこともありません。

私の場合は運良く、楽しい日々を送っていますが、起業して苦労している人も実際にいらっしゃいます。そういう人は、概ね最初にお金を掛けすぎています。

起業したからといって、いきなり賃貸で事務所を借りたり、市内に大量にチラシを配布したり、単なる事務所の所在地程度が書いてあるパンフレットを大量に作ってみたり、100万円もする起業塾に入ってみたり。そして「お金がない」と悩むのです。

本当、そこにお金を使ってしまうか、と思う人が結構いらっしゃいます。

起業すると最初はサラリーマンの時よりも収入は下がるでしょうし、毎月の預貯金もどんどん減っていきます。でも、それは承知の上でしょうから、最初のうちは「起業は小さく始める」につきます。

小さく始める、ですよ。お金が稼げないと不安だからと、最初から大きく勝負するのではなく、最初は小さなテストの繰り返しです。

事務所も最初は自宅から始めて、チラシも最初はせいぜい3000枚ぐらいで、配布するたびに改善して1度切りの配布ではなく、繰り返し配布するのです。また、事務所のパンフレットも事務所の強みなどが判断できた時点で作成するのも遅くはありません。

起業塾にしても、高額な団体に入ったからといって大きく稼げるわけではありません。稼げないと「それは自己責任」と言われるのがオチです。10万も払えば、素晴らしい起業塾は沢山あります。

不思議と「お金が心配」と悩む人ほど、最初から全力投球で、いきなり大きくお金を使ってしまうんですよね。

行政書士は、仕入れはありません。非常に恵まれた職業です。そのメリットを生かして、いかに固定費を少なくして、地道に稼いでいくかを考えてみてください。そうすると、「お金」の不安は少しは軽減されます。

残念ながら、起業のど素人がいきなり大きくは稼げませんからね。「小さいテスト」の繰り返しです。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: