2016-09-20

開業前、開業したてのお金と時間の余裕がある時に、やるべきことはこれです。

無料小冊子を請求してくれる人でたまにいらっしゃるのが、事務所を開業して1年ぐらい経った方です。

無料冊子自体は開業前の方もしくは開業したての新人行政書士さんを対象に作成しているため、開業して1年経った方が読んで、さて役に立つのかな?と疑問も感じますが、まぁ、それはさておき、無料小冊子を請求してくれた時点でその方にとって、「1年前に開業したけど、売上が上がらない、お問い合わせがない、集客方法が分からない」と悩みが深い状態です。

そこで、私がおススメしているのは、「必ずマーケティングを学習しましょうね」ということ。その上で売る仕組みを構築し集客してくださいと伝えます。

ただ、開業して1年ぐらいの方で、「売上がない」、「集客できない」、「この先が不安」と悩んで無料小冊子を請求してくれた時点で、きっと預貯金も底をつき、もはや二進も三進もいかない状態で「直ぐに稼げる方法」を知りたいはずなんです。

でも、集客ってお金がかかるし、時間もかかるし、マーケティングを学ぶだけでも半年はかかるし、仕組みを作るだけでも軽く半年から1年はかかるし。正直、開業して1年後や2年後にマーケティングが必要だったと気付いても、預貯金が底をついている状態では少々遅いのです。
だって、「集客」って本当にお金が掛かりますから。
悩んでいる方で、投資できる程、お金に余裕がある人ってそうはいないでしょうから、ここが悩ましい所です。

商売ってきっと何でもそうでしょうが、様々な投資が必要です。マーケティングを学ぶお金もそうですし、ホームページを作ったり、売る仕組みを作ったり、DMを送ったり、PPC広告を出したりするにも当然お金が必要です。10年前ならいざ知らず、ホームページを公開しただけで日々ガンガン依頼がくることは、到底期待できませんからね。

そうするとホームページの内容を充実させた上で、なおかつGoogleやYahoo!の検索上位にないと今時クリックさえしてもらえないので、手っ取り早く上位表示させるためにはGoogleやYahoo!のPPC広告が必須となります。

となると、やっぱりお金が必要になるんですよね。
預貯金は生活していく上でも商売する上でも本当に必要です。

もし、これから開業するという方、開業したての新人行政書士さんは、預貯金に余裕がある今こそマーケティングを学んで、売る仕組みを構築して、お金と時間をかけて集客してください。

「集客にお金をかけるのは嫌だけど依頼だけはほしい」とか「今すぐ依頼がほしい」、「楽して儲けたい」なんて都合の良い考えでは、なかなか事務所経営は上手くいきません。

ビジネスをすることは凄く楽しいことですが、時間はあっという間に過ぎていきます。そしてお金もあっという間に無くなっていきます。
本当に時間とお金は貴重です。

開業して1年後に「こんなはずじゃなかった」と思う前に、今すぐマーケティングを習得して、どしどし集客してください。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: