食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-11-24

これから開業を考えている人へ。数年後に後悔しないために。

先日、知り合いの行政書士さんから「あんまり上手くいってないんだよね。なにやってもダメだし」と後悔を連発するお話がありました。

それで、「今まで、どんな集客をしてきたんですか?」と聞くと「・・・」

本人としては、開業してから無駄に時間が過ぎ去ってしまったことに後悔しているみたいで、今まで特段何かをした、例えばダイレクトメールを送ったとか、メルマガを出して結果がでないからというわけではありませんでした。実践したことと言えば、せいぜいご自身が作ったホームページで電話を待つだけ。ブログも書いてないですしね。だから「今まで何をしてきたんですか?」と聞いても何もしていないので答えようがないですけどね。

後悔というのは、例えば開業してから数年経ち、その時点であまり良い結果が出ていない時に、開業時にもっと○○しておけば良かったと過去のことを思うようなことです。

でも、その後悔した時点では、この行政書士さんのように、それこそ、もはやお金も尽き、何もできない状態になっています。でも、後悔なんてしている場合じゃないんですけね。時間は前に進むだけですから。

そうそう、話はそれますが、何もできなくなる状態って、想像できますか?

数名の方に聞いたことですが、まず、精神的に追い詰められて、意見やアドバイスをくれる人が敵に見えるそうです。色々な人がアドバイスをくれるけど、そのほとんどが無理難題を言われているみたいで、なんだか怒られている気がするそうです。

また「お金がないんだけど」と助けを求めようにも、お金がないとわかると誰も相手にしてくれないそうです。そのときほど「金の切れ目は縁の切れ目」を実感するそうです。なかなか厳しいですよね。人間不信になりそうな。

まぁ、これらは本当に追い詰められたときにしか実感できないことでしょうから、そうならないためにも開業したら、兎に角、マーケティングを学んで直ぐに次のような集客を始めてください。

・業務に関わる説明会を開催する
・チラシを配布する
・ホームページで無料レポートを配り、見込み客を集めてメルマガを送る
・ファックスDM、DMを送付
・社長さんの知り合いを増やすために、色々な団体に加入してみる。
・知人、友人に社長さんを紹介してもらう
・税理士さんに社長さんを紹介してもらう

でも、きっと、やらないんですよね。そして数年後に「やっておけば良かった」と後悔する。上記のことを1つでもやって、上手くいかなければ途中で修正すれば良いことです。最初から上手くいくことなんて稀です。ユニクロの会長さんが言うように、10回やって1回上手くいけば御の字です。

あと、マーケティングは、小さなテストの繰り返しです。小さくテストして、修正して、再度テストしての繰り返し。失敗してもいいじゃないですか。後なんてもはやないんです。上手くいこうが失敗しようが、行政書士が最後の職業と思えば、本気になれますよ。

くだらないプライドなんて必要ないし、上手くいかなきゃ前職の人たちに笑われるなんて、どうでもいいことです。そんなことより、いかに1年後、3年後、5年後に後悔しないために、今できうる行動を取ることです。数年後も後悔なんてしている場合じゃありません。後悔ではなく、やったことにたいしての修正、実践、その繰り返し。

ちなみに、私が今こうして普通に生活できるのは、仕事のパートナーの方をはじめ、素敵な人たちに恵まれているからです。でも、そのほとんどは、元は私のお客様だったり、私の相談相手だったんですけどね。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事