2016-03-10

開業したら最初の業務は何がいい?直ぐにキャッシュが欲しいですから・・・

開業すると「さて、なんの業務から始めようか?」と考えます。
概ね最初に思い浮かぶのが民事系では「遺言、相続」や「内容証明」、許認可系では「建設業許可」や「産廃」でしょうか。
そして、創意工夫しながら遺言や建設業許可のホームページを作ります。

でも、残念ながら当初のホームページでは、暫くはお問い合わせすら難しいものです。
だって最初は経験がなく「取扱い実績」や「お客様の声」の記載もできず、仕方がないのです。最初は誰もが通る道ですから。

最初のお仕事は

そんな最初の「お問い合わせや依頼がなくて困った!!」を精神的に支えてくれるのが『車庫証明』です。車庫証明に限って言えば、ホームページに「取扱い実績」も「お客様の声」の記載も必要ありません。車庫証明専用のホームページを作り「車庫証明 地域名」でSEO対策なりPPC広告で上位表示させるのです。そうすれば、暫くすれば開業したばかりでも県外の大手ディーラーさんから電話で依頼をもらえる可能性があるのです。

しかも、書類を受け取ってから一週間ぐらいで業務が終了し、更に振込期日を決めれば業務終了後一週間ぐらいで振込みをしてもらえます。
車庫証明の取扱い報酬は1台1万円ぐらいですが、キャッシュがもらえると言うことは、開業当初の「お問い合わせがない」、「依頼がない」、「お金がない」のないないづくしの精神的な辛い状況から少しだけ脱することができるのです。それに実際に依頼がもらえ、キャッシュが振りこまれるということは、今後の自営業として自信にもなりますからね。

それで車庫証明で月にある程度稼いでいる間に、同時進行でホームページ等で建設業許可などの業務で見込み客集めをすれば良いのです。見込み客を集めるにはそれなりの時間が必要ですから「売る仕組み」をしっかり構築してください。

そうそう、大切なことを一つ。
開業するといきなり「依頼」をもらおうとします。でも知名度も信用もないのですから最初から依頼を期待すると後で辛い思いをします。ですので、いきなり「依頼」を期待するのではなく「見込み客」を集めましょう。そしてハウスリストを作って、その中でメルマガやDMを発行して信用を築き、お問い合わせをもらうのです。依頼はそれからです。

あなたがお客様の立場だったら、開業したての見知らぬ行政書士さんにいきなり依頼はしないですよね。

あと「飛び込み営業をしましょう」なんて無理なことは言いません。次のことで出来そうなことを試してみてください。

  1. ワードプレスで業務に沿ったブログ発信
  2. メルマガの発行
  3. youtubeでの情報発信
  4. 「建設業許可申請の5つのポイント」などの無料レポート(無料小冊子)をプレゼント
  5. ハウスリストでのDM発送
  6. チラシを定期的に配布
  7. 取扱い業務のセミナー開催。例えば建設業許可申請セミナーの開催

などです。もちろんメルマガや無料レポート(無料小冊子)はホームページやチラシで見込み客を集めるためツールですので、必ずメールアドレスや会社名、住所電話番号等をもらうようにしてください。これらは別に建設業許可に限らず、相続などの他の業務でも同じことが言えます。

最後に、これはやめましょうという集客方法を一つ。それは新聞広告や新聞の折り込みチラシ。
なぜって?
それは「ターゲットが絞られないから」。
新聞広告なら一斉に沢山の人たちに宣伝できるからと安易に考えると、お問い合わせが全くなく、なぜ?って悩むことになります。
でもその原因は明らかなんですけどね。ここら辺はマーケティングを学ぶとわかるようになります。ぜひ開業前にマーケティングを学習して、上記の1~7のうち出来ることをひとつでも開業後に実践しましょう。

上記の内容は、ここ最近「開業を迷っています」とか「依頼はどうやってもらうのですか?」というメールを頂いた方々にお送りした内容です。同じような悩みをもつ方も多いかと思いますので掲載してみました。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: