食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-11-17

怖いもの知らずで、開業後は全て一人でやろうとする行為は恐ろしい。

サラリーマンで、これから開業しようと考える人は、起業セミナーやビジネスセミナーに足を運んで、あれこれ知識を吸収しようとすることが多いのに、開業した途端、不思議と全て一人で考え、一人でやり抜こうとする人がいます。

でも、開業すると今までのサラリーマン生活と違い、アドバイスしてくれる上司や同僚はいません。全て自分自身で判断しなければなりません。迷い、失敗することは多々あります。そして、残念ながら失敗が続くと、そのうち行動さえしなくなります。こうなると「行政書士なんて食えないよ」と言い出したり「行政書士になって後悔している」と言った人さえいます。悲しいですね。

では、どうすればいいの?と言われると、まずはメンターを付けること。スポーツ選手でもコーチっていますよね。いわば、そのコーチの役割を果たしてくれるメンターを付けてください。そして色々教えてもらい、常にアドバイスをもらうのです。
でも、その場合は、必ず有料ですけどね。好意であなたに無料アドバイスをしてくれる人なんてビジネスの世界ではいませんからね。勘違いなさらないように。

ただし、よくいわれる「ひよこ食い」の餌食にならないこと。まぁ、どの団体がひよこ食いで、ひよこ食いではないか、なんて知りませんが、ご自身と相性が合い、ご自身が無理なく行動できる、そしてお互い信頼関係ができると思われるような人を選んでください。

今までサラリーマンで、起業の素人、経営の素人が自分一人の考え、判断で行動、決定すると、どこかで甘えもでき、また知識不足から、なかなか売上があがらない、収益にならない、なんてことにならないように、良きパートナーを見つけてください。

私がメンターとして推薦するのは、現役のマーケッターで私の仕事のパートナーの(株)ブリッジワークの高橋氏。
行政書士さんからの相談も多数受けています。

興味があれば、まずは初回無料相談を受けてみてください。

ブリッジワーク 無料相談

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事