2015-05-08

あなたの行政書士としての目的はなんですか?

行政書士の資格はお金を稼ぐための手段です。

これから行政書士事務所を開業する人にとっては、行政書士試験を受けて資格を取得すること、行政書士事務所を開業することが目的ではありません。そうではなく、その先、資格を活用して収入を得ることが目的です。

でも、お金を稼いで行政書士として収入を得るためには、ご自身のサービスを売る必要があります。

個人事業主としてのあなたがサービスを売るということは、「あなた自身が商品」となり、あなただけのサービスを売る必要があります。決して、行政書士としてのあなたの最初の仕事は、建設業許可申請をすることでも遺言書を作成することでもありません。

あなたがまずやるべき仕事は、「サービスを売るための仕組みを作り、そして、あなたのサービスを売ること」です。

あなただけのサービスを作りだし、あなたの素晴らしい人柄を前面に出し、お客様から信頼を得て、あなたのサービスを買ってもらい、そこで初めて建設業許可申請や遺言書作成などの書類作成ができるのです。

これが理解できないと「建設業許可申請をやります。遺言作成をします、ぜひ私に依頼してください」というだけで、いつまで経っても依頼はきません。

単に建設業許可申請や遺言書作成のサービスを売りこんでも相手は嫌がるだけです。
そうではなく、あなただけのサービスを売り、あなたの人柄で信頼してもらい、初めてお問い合わせ、そして依頼へとつながるのです。

実は私自身がこれを理解するまで相当な期間を費やしました。もちろん最初はホームページやチラシで建設業許可申請や相続の仕事を前面に出し「手続きしますよ、作成しますよ、どうですか?」なんて売っていました。でもそれで獲得した依頼はゼロです。しかも最悪なことに、どうして売れないのかが分かりませんでした。

このブログを読んだあなたは決して開業した当時の私と同じ失敗をしないようにしてください。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: