食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-11-11

もしも・・・今週中に10万円が必要になったら?

今回は、もしもの話です。

もし、今週中に是が非でも10万円が必要になったらどうしますか?
・ひたすら行政書士の営業をする
・短期で時給のいいアルバイトをする
・メルカリで中古品の物品を売る
お金を借りることは除いて、あとは何か良い案があるでしょうか?
さて、あなたならどうしますか?

行政書士は、コンビニとか何かを売る商売とは違い、日銭を稼ぐことって難しいんですよね。1日1万円でも厳しいです。ただ、建設業許可など、ひとつの契約をとれば万単位で入ってくると思いますので、それはそれで素晴らしいんですけどね。

また、税理士や弁護士のように会社のコンサルタント契約などがいくつもあれば日銭を稼ぐことを考える必要はないんですが、行政書士ではコンサルタント契約も難しく、なかなか思うようにいかないかもしれません。本当、難しいですね。

まぁ、上記の話は、もしもの話で書きましたが、でも開業してから何年も依頼がないという話もたまに聞きます。今、行政書士試験の真っ只中ですが、これから開業をする方は、「依頼が全然ない」と不安にならないように、日銭を稼ぐ方法も考えておくと良いかもしれません。
お金があるということは、心の余裕になりますからね。

しつこいですが、資格を取って開業さえすれば、お客さまが勝手にやってくる、なんてことは絶対にありませんからね。マーケティングを習得して売る仕組みを作り見込み客を集めてください。あとから分かることだと思いますけど、時間はかかりますが、それが一番早道な方法です。

みなさん、無事合格されるといいですね。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事