2018-12-21

知り合いの行政書士さん、いつも儲かっているらしい

某県の知り合いの行政書士さん、電話で話すとき「儲かってる?」と聞くと必ず「儲かってるよ」と返ってきます。

ちなみに、私の知り合いの行政書士さんで「儲かってるよ」と返ってくるのは、その方だけです。ほかの方は「まぁね」や「ぼちぼち」とか「なんとか」が多いです。あと間髪いれずに「全然」と言う方もいます。どちらかというと、そのような方が多いのですが、実は、先の行政書士さんは、儲かってない月でも「儲かってる」と言っているそうです。

なんで?って聞いたら「儲かってない」とか「苦しい」なんて言ったら商売の神様が逃げていくそうです。だから儲かっている時も、そうでない時も常に「儲かってる」と言っているそうです。

思うに、これって中々できることではありません。儲かってない人って、ご自身では感じていないかも知れないけど、結構言葉に出たり、顔に出たりします。もし、自分もそうかなって感じたり、「儲かってる」と言うことに抵抗があるなら、ポーカーフェイスのほうが良かったりもします。何を考えているかわかんないぐらいが。

あと、その行政書士さんが言ってました。
朝起きたときに「今日も電話が来て依頼が来る!!」と口に出して言うそうです。そうすると、不思議と電話がよくなるそうです。これを新人のときからずっと続けていて、今はいくつもの事業をやっているそうで、今後も攻めの姿勢で挑むそうです。

なんだか、常に気持ちが前向きって、凄いですよね。

もし、あなたがこれから開業するなら、いつも前向きに「儲かってる」と言ってみてください。もしかしたら商売の神様が微笑んでくれるかもしれませんよ。依頼をする人も儲かってないグチの多い行政書士さんよりも儲かっている気のいい行政書士さんに依頼したいですからね。

あなたは「儲かってますか?」


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: