これから開業するあなたへ。食えない行政書士にならないために、開業準備は大丈夫ですか?
2019-02-01

ペルソナ、きちんと設定していますか?

ペルソナと聞いて「???」と思った方は、今すぐグーグルで「ペルソナ」と検索してみてください。

「ペルソナとは・・・」なんて、ここでは書きませんが、4月か5月には行政書士事務所を開業予定の方は、今からでも遅くはありません、マーケティングを習得してください。

でも、いちよ書いておきますね。あなたがこれからどんな業務を提供しようか考えた時、○○で○○な○○の誰に対してそのサービスを提供したいか?を決めることです。

ただ、開業する多くの人は、建設業許可や遺言作成、入管業務も契約書作成、更に運送業許可も産廃許可もと、あれこれやりたがるんですよね。

色々な人からお問い合わせをもらいたくて、ホームページには、やりたい業務の全てを羅列して「お問い合わせは当事務所へ」って感じです。

このホームページで何度も書いていますが、残念ながら、それではお問い合わせは来ません。

なぜなら、誰にもあなたのメッセージは、誰の心に響かないから。せいぜい、無料相談に匿名の電話であれこれ聞いてくる人ぐらいかもしれません。

行政書士なら誰でも一度は名前を聞いたことのある有名な法人事務所さんもペルソナを設定して、マーケティングを駆使して営業しています。

儲かっている事務所は当然のようにやっています。なのに、個人事務所がペルソナすら設定せずに、どうやってお問い合わせをもらうのでしょうか?

きっと、業務を絞ってしまうと、お問い合わせをくれるお客様の範囲も減ってしまうと不安に思い、結局あれもこれもと広く浅くの業務をしてしまうのかもしれません。気持ちは良く分かりますよ。開業したら、沢山の人から、沢山お問い合わせをもらいたいですからね。

でも、あなたがやるべきことは、ターゲットを絞り、業務も絞るのです。ペルソナは必ず設定して、マーケティングを駆使して営業活動をしてください。

と、こうやって書いても、マーケティングを習得する人は、ほとんどいないかと思います。実務がわからないと不安だからと、先に実務を習得するはずなので、なかなかマーケティングの習得までに辿り着けないんですよね。

先日、私の友人の行政書士さんが「自分もそうだったけど、行政書士の実態が本当に理解できてからマーケティングが必要だと分かったけど、実態が分からないままでは無理だよ」と言っていたのが印象的でした。

【初回ZOOM無料開業相談】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【初回ZOOM無料開業相談】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人か2人の3名~4名です。本来は有料ですが、暫くは無料です。いつまで無料かは分かりません。

ただし、無料だからといって冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。
ちなみに、初回ZOOM無料開業相談以外、メール等での無料相談はしておりません。全て有料になります。

ZOOM相談参加の方に「あなたが今やるべき開業チェック88」のリスト(PDF)をプレゼント

お名前※(必須)

Mailアドレス※(必須)

Mailアドレス※(確認・必須)

電話番号※(必須)

開業のお悩み・不安※(必須)

初回ZOOM無料開業相談のご希望の日にちと時間帯を3つご入力ください。

第一希望日

希望時間

第二希望日

希望時間

第三希望日

希望時間

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事