2019-12-05

絶対に詐欺まがいの金貸しに引っかからないで。

私の所にある電話が。

「100万円を年利1%で融資します」と。

「へー、安いね」

「いかがですか。じゃ、考えてみようかな。ちょうど広告費をどうしようかと考えていたところだから。」

「そうですか。では、先に事務手数料として10万円を振り込んでもらえますか?」

「・・・」

という感じです。

まぁ、かなり端折ってますが、もちろん借りる訳がありません。事務手数料だかなんだか知りませんが、10万円を振り込んだ後、さてどうなるか?は興味あるところですが。

というより、最初から借りるつもりもなく、話を合わせただけなんですが、でもでも、資金に困っている事業者さんは結構あるはずなので、もしかしたら引っかかっている人もいるかもしれませんね。危ないですよ。

特にこれから開業する行政書士さんや開業して全然依頼がなくて「もうお金がない」、「資金が尽きた」という行政書士さんは少なくありません。そんな時に、こんな電話が来たら・・・と思うと本当に怖いですよね。

お金や依頼がなくて不安定な精神がない時に来られた時には大変です。上手い話の区別ができない可能性がありますので、くれぐれも気を付けましょう。

一番良いのは、見知らぬ電話番号は出ないことです。営業で掛かってくる電話はロクな話はありません。ですので、電話に出る前には必ずインターネットでその電話番号の相手先を調べるのが良いかもしれません。

もっと凄い人は、必ず留守番電話にして、コメントを残してくれた人だけに折り返し電話をするという行政書士さんもいらっしゃいます。そこまで徹底すれば危険な目に合う可能性はかなり低くなります。

「私は大丈夫」と思っているあなたこそ危険ですよ。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: