食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-09-21

同業者さんが次々潰れています。

うちは、行政書士とは別にホームページ制作事務所をしているのですが、5年前にあった市内のホームページ制作の同業者さんが、すっかり姿を消してしまいました。寂しいことです。もちろん、健在している同業者さんもいらっしゃいますので、素晴らしいですよね。山あり谷ありの業界ですが、本当、長く続けていることに尊敬です。

それで、残念ながら姿を見なくなってしまった同業者さんの多くは「安売り」を目玉にしていたのを覚えています。

例えば「個人事業だから安くできます」とか「格安で作ります」というのが印象的でした。「格安」って言葉は、魔法のような言葉で、お客様の気を猛烈に引きやすいコピーなんですよね。ただ、実際に格安で受けてしまうと経営は相当厳しくなるんですけどね。

格安って、受け取るお金が少ないわけですから、委託先のデザイナーさんか、制作者自身の受取額が少なくなるわけで、結局のところ誰かが苦しい思いをしなければいけません。もしくは格安と引き換えにホームページの質そのものが悪いかもしれません。多くの格安はこちらかもしれません。

そう考えると、格安と引き換えにホームページの質が悪いとお客様が損をすることになりますし、制作費を受け取る側の制作者さん、もしくはデザイナーさんなども無理をしているかもしれませんので、ほぼ間違いなく誰かが犠牲になっている可能性があり、お客様と制作側両方、みんながハッピーになるのは難しいんですよね。

大手の「格安で作ります」は薄利多売でも、あくまで戦略であって、多く売るから何とかなっているだけで、それでもやっぱりデザイナーさんなどが薄給で悲しんでいるかもしれませんので、みんながハッピーとまではなっていないかもしれないですよね。まぁ、あくまで想像ですけど。

ですので、うちはみんながハッピーになるように、制作費は相応のお金を頂いて、ホームページの質を落とさず、デザイナーさんに外注する場合でも相応のお金をお支払いしています。もちろん、みんながハッピーになるために。

話がそれましたが、起業しても10年もつ会社は一握りと言われていますので、基本、商売は厳しいものです。

また、姿を消す同業者さんがいれば、同じくらいの数で起業する業者さんもいらっしゃいますので、同業者の数そのものは変わらないので、何年生き残っても、激しい競争、厳しい状況って毎年そんなに変わらないんですよね。もちろん、行政書士さんも同じだと思います。

起業は厳しい、だけど、猛烈に楽しい。こんな思いを日々感じています。

【初回ZOOM無料開業相談】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【初回ZOOM無料開業相談】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人か2人の3名~4名です。本来は有料ですが、暫くは無料です。いつまで無料かは分かりません。

ただし、無料だからといって冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。
ちなみに、初回ZOOM無料開業相談以外、メール等での無料相談はしておりません。全て有料になります。

ZOOM相談参加の方に「あなたが今やるべき開業チェック88」のリスト(PDF)をプレゼント

お名前※(必須)

Mailアドレス※(必須)

Mailアドレス※(確認・必須)

電話番号※(必須)

開業のお悩み・不安※(必須)

初回ZOOM無料開業相談のご希望の日にちと時間帯を3つご入力ください。

第一希望日

希望時間

第二希望日

希望時間

第三希望日

希望時間

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事