2018-08-28

先行投資、あなたはできてますか?

以前のブログにも書きましたが、行政書士を開業するメリットの一つとして仕入れがないことが挙げられます。八百屋さんやラーメン屋さん、スーパーにしろコンビニエンスにしろ、かなり大雑把ですが、必ず売る商品を仕入れて、その仕入れた値段よりも高く売ることで、その差額が利益となります。よって、ここでの仕入れは、利益を得るための投資ということになります。

でも、行政書士の場合は、自宅事務所で、運が良ければ自作したホームページから建設業許可や入管関係の書類作成の依頼が来て、なおかつ人を雇わず自分で申請書を作成すれば、上記のような仕入がなくて、依頼金額のほとんどが利益となります。

考えると、これって凄いですよね。こんな商売ができるのは行政書士等の士業だけではないでしょうか。自宅を事務所にして、人を雇わず、ホームページを自作すれば、行政書士会費や国民年金、健康保険税、税金などの費用が掛かる程度で、お客様から依頼さえ来れば、ほぼ丸々利益を得られるんですから。

ただ、開業当初からこれに慣れてしまうと、その先が辛くなります。

自作したホームページからたまたま依頼がきて、仕入れが掛からず丸々利益の感覚を覚えてしまうと「投資」の認識がなくなります。そのために、行政書士の仕入れの役割を果たす広告費でさえ「広告費を掛けてまで」という認識となり、広告に投資が出来なくなってしまいます。

仕入れは、言いかえれば先行投資でもありますので、その先行投資によってリターンが得られるという認識は重要です。もしこの先ずっと広告に投資しないとなると、広告費をいくらかけて、いくら稼ぐという計画さえ立てられませんからね。特に行政書士の場合は、広告費を使い事務所を宣伝しなければ、見知らぬお客様は、あなたの存在を認知してくれませんので。

本当に、広告にお金を掛けるという「先行投資」は必要ですよ。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: