これから開業するあなたへ。食えない行政書士にならないために、開業準備は大丈夫ですか?
2015-06-24

開業資金は本当に大切。あとでシマッタとならない為に。

よく「開業に必要な資金はどれくらいですか?」とのご質問を頂きます。

開業資金

開業に必要な最低限の資金は、登録費などで30万円ぐらいですが、でもそれだけでは足りません。開業後にはチラシやホームページ作成費、ホームページのPPC広告などの費用も必要です。

世間の人は、あなたが開業しても興味もないし、ましてや誰もあなたが行政書士だとは知りません。自分でコツコツ宣伝しなければならないのです。

たまに「ホームページを公開しているから大大丈夫」という人がいますが、それだけではお問合せすらきません。積極的にGoogleやYahoo!のPPC広告を出してください。宣伝費等、出すものを出さずに依頼だけ欲しい、そんな都合の良い考えではいつまで経ってもお問い合わせもきません。

もし登録費用しかなく、広告費が準備できないなら、資金をある程度貯めてから開業するのも一つの選択肢です。

そうそう、役所での補助金もありますので、それもチェックしてくださいね。例えば日本商工会議所が実施している「小規模事業者維持化補助金」。これは宣伝費としてホームページ作成やチラシ作成、DM送付などに使えます。小規模事業者維持化補助金

【初回ZOOM無料開業相談】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【初回ZOOM無料開業相談】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人か2人の3名~4名です。本来は有料ですが、暫くは無料です。いつまで無料かは分かりません。

ただし、無料だからといって冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。
ちなみに、初回ZOOM無料開業相談以外、メール等での無料相談はしておりません。全て有料になります。

ZOOM相談参加の方に「あなたが今やるべき開業チェック88」のリスト(PDF)をプレゼント

お名前※(必須)

Mailアドレス※(必須)

Mailアドレス※(確認・必須)

電話番号※(必須)

開業のお悩み・不安※(必須)

初回ZOOM無料開業相談のご希望の日にちと時間帯を3つご入力ください。

第一希望日

希望時間

第二希望日

希望時間

第三希望日

希望時間

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事