2019-10-15

苦労しているあなた、売上ばかり気にしていませんか?

売る仕組み

開業すれば誰だって、今日の売り上げはもちろん、今月の売上、来月の売り上げも気になりますよね。

特に開業当初や収入が少ない時期に「今月はこれしか依頼がなかった。これじゃ預貯金は減るし、生活は苦しくなるし、来月は大丈夫かな?」って、つい目先のことばかりが気になってしまいます。

でも、あまり目先のことばかり気にするのは良くありません。「今月も収入が少なかった。来月も心配」なんて毎日考えていたら、気持ちも沈んで、せっかく開業したのに毎日が辛くなります。

ですので、もし収入に不安を感じたら、最初のうちは、目先のことよりも3ケ月単位、半年単位、1年単位の長期で考えてみてください。

今月は上手く行かなかったけど、3ケ月後に挽回、半年後、1年後にはもっと増やそう、と考えるのです。そうすると、3か月後の為に、半年後の為に、1年後の為に、今やるべきことが見えてきます。

開業して直ぐに月に40万や50万を稼げれば誰も苦労しません。そんなに稼げる職業なら、全国民が行政書士を目指します。でも、そうではないのです。開業本などにある年収1000万円なんてことを安易に考えずに、まずは、3か月後、半年後、1年後の為に、今何をすべきかを考えて、目先のことばかりに囚われないようにしてみてください。

そしてあなたが今やるべきことは、「売る仕組みを作って見込み客を集めること」です。これ、本当に大切ですよ。売る仕組みもない、見込み客もいないのに、あなたのサービスがバンバン売れる訳がないのです。

1.売る仕組み、作ってますか?
2.今、見込み客は何人いますか?

やるべきことをしっかりやっていれば、いちいち毎月の売上は気になりません。

飛び込み営業しなきゃダメ?とか営業が苦手で行政書士開業を躊躇っているあなた、行政書士に営業は入りません。パソコン一つで売る仕組みはできます。大切なのは売る仕組みですよ。

あと、人から「年収はいくら?」なんて聞かれて、いちいち答えない事も大切です。そんなどうでもいい質問にいちいち答えていたら疲れるだけです。「年収はいくら?」って聞かれたら「普通に生活できる程度じゃないかな?」とでも答えておくことです。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: