2016-08-23

楽して儲けるとか直ぐに儲かる方法を考えるより、3か月後、半年後を見据えて・・・

難しい試験に合格して、せっかく開業しても直ぐに依頼がバンバンもらえることはありません。どちらかといえば、半年経って2,3件の依頼があっただけという方のほうが多いかもしれません。

そんな開業当初の苦しい時、突然掛かってきた電話で「半額でやってくれない」とか「格安でやってくれない」というお問い合わせに、つい心が動いてしまうかもしれません。

もちろん食えてない時の依頼は喉から手が出る程ほしいし、物凄く有難いものです。
でも、「半額でやってくれない」とか「格安でやってくれない」という場合は、その依頼を受けるべきか、ちょっとだけ立ち止まるつもりで考えて下さい。

その「半額でやってくれない」とか「格安でやってくれない」というお問い合わせは、あなたの「売る仕組み」で獲得したものですか?
「当事務所は格安です」というコピーで売っているなら構いませんが、そうでなければ格安で受けるのは余りオススメしません。

もし、お問い合わせも依頼もなくて困っている場合は、3か月後、半年後を見据えて、今すぐ売る仕組みを作り始めて下さい。
売る仕組みを作るのにも時間が掛かります。
目の前の格安の仕事に時間を割かれて、売る仕組みを作る時間がなくなれば、それだけ苦しい時間が続くことを余儀なくされる可能性が大きくなります。

値引きではない、あなたの価値で標準的な価格で受注することは、今後のあなたの事務所経営には欠かせないことです。
ぜひ、3か月後、半年後を見据えて、破格の値段で受注しなくても良いように今から売る仕組みを作って下さい。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: