2019-01-12

やりたいことがあれば、羅列するからやってみて

会社に勤めたり、転職したりすると、「あれ?これって自分のやりたかったこと?」って満たされない気持ちを抱いたり、複雑なわだかまりがあったりすることはしばしばあるはずです。

そんなあなたが、もし心に秘めた、起業して本当にやりたい仕事があれば、絶対やったほうがいいと思います。なぜなら、たった一度の人生ですし、たとえ失敗しても飢え死にするようなことはないし、自分がやりたいと思ったことすれば、楽しいですからね。

ただ、生活費のためとか世間体とか、住宅ローンがあるから、これから子供の教育費がかかるから、家族の反対があるから等、あれこれ理由があって、結局なにもできないまま時間だけ過ぎていく、そんな不自由さを多くの方が経験しているのも確かです。起業するって、ハードルが高いですよね。真剣にあれこれ悩み考えながらも家族のために現状維持でがんばる方々を物凄く尊敬します。

でも、不安定な収入を覚悟で起業を決めたあなたのことは、もっと尊敬します。やりたいことがあって実際にやる人って、きっとほんの一握りの人たちですよ。多くのハードルを乗り越え、現実に行うことは素晴らしいです。

私のところにも、会社や役所を辞めて起業したいという人の相談はありますが、メールで回答すると、多くの人は「やっぱりこのまま勤めます」というのがほとんどです。それぐらい自分のやりたいことをするのは大きな壁が存在します。

ですから、簡単に「今すぐやれば」なんてことは言いません。そのときが来たら他人に背中を押されなくても自分で決断してやると思います。そのほうが成功する確率も高いと思いますからね。

では、やりたいことをやるには、まずは

  • 家族の理解を得る
  • 預貯金をためる

起業を決めたら

  • 売るターゲットを絞る
  • やりたい事業を明確にする
  • 売る仕組みを作る

そして

  • いきなり大きなお金で投資しない
  • 信頼できるメンターをみつける
  • 信頼できる仕事のパートナーをみつける

そのほか

  • マーケティングを学ぶ
  • コピーライティングを学ぶ
  • ランディングページを作り、リスティング広告を出す
  • 見込み客を集める

あとは

  • 見込み客にメルマガなどで常に接する
  • 取引先を複数確保する
  • 新規顧客だけでなく、リピーターも大切にする

それと

  • 格安とかで自分の価値を下げない
  • NOと言えるようにする

こんな感じでしょうか?思い付いたことをただ書いただけなので、なんら上手くいく保証はありませんが、できる人は実践してみてください。もちろん、試行錯誤して、上手くいったものがあれば、それをとことん突き詰めるのです。

定年退職してからやってみるというのもオススメですが、周到な準備をしてやってみることもよいかもしれません。この恵まれた日本で1度や2度失敗したぐらいで、明日から食べるものがない、なんて状況にはなりませんので、継続して実践できる人は、ぜひ。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: