2019-01-02

業務をするなら、行政書士責任賠償保険に入ってる?

今年も楽しみな1年が始まりました。お陰様でスタートダッシュは順調で、2月下旬頃までに終わらせるべく、お仕事がたくさんあり、貴重な時間との戦いでもあります。有難いですね、本当に。

さて、昨年の試験の合否発表日が近づいていますが、合格後にトントン拍子に開業を考えている人は、行政書士責任賠償保険に加入することをオススメします。

でも、「じゃ、直ぐに入ろう」って人は少なそうですけどね。
依頼が直ぐに来るかどうかもわからないのに保険なんてとか、開業前のお金のないときに無理でしょうとか。

ただ、そんな呑気なことを言ってないで、1年間で一万円そこそこで加入できますので、あれこれ考えず機械的に申し込みしましょう。

熟練行政書士さんならともかく、これから初めて自分で仕事を受けて実務をこなすのですから、何が起こるか予想がつきません。誤って許認可の必要期限が遅れてしまい、損害賠償を請求されたなんてことになったら大変です。

お客様は、あなたのことを信頼して、人生をかけて許認可申請の依頼をしてきますので、お客様の為にも何重にもカバー出来るようにするべきです。

ましてや、個人事業主は法人とは違い無限責任です。100万円や200万円の損害賠償ならまだしも5千万円や一億円の損害賠償では、お客様の人生だけではなく、あなたの人生も詰んでしまいます。そうならない為にも加入をおススメします。

それに、このような保険が手頃な保険料で加入できるのは士業ぐらいです。他の業種だと保険料が結構高いので、物凄く恵まれていますよ。

あと注意が必要なのは、保険の申し込みをすると加入出来るまでにタイムラグが発生しますので、そこら辺も考慮して余裕もって申請しましょう。大きな依頼があってから、失敗したら大変だと慌てて申し込みするのでは、それこそミスを誘発しかねません。

加入を検討する人は、Googleで『全行団 保険』で検索すると直ぐに出てきます。まぁ、書士会の入会説明会でもパンフレットと振り込み用紙を渡されるはずですので、ぜひ加入しておきましょう。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: