2018-10-06

日本一貧乏?ある行政書士さんのブログを見つけました。

ネットサーフィンしていると、ある行政書士さんのブログを見つけました。
「日本一貧乏な行政書士」
タイトル名からして強烈なインパクトですね。都内に事務所を構える入管関係の専門行政書士さんみたいです。

タイトルが強烈なので、よほどお仕事がないのかと一瞬思うのですが、いやいや、そんなことはありません。どうも紹介でのお仕事が多いらしく、きちんと受注しています。素晴らしい。

ただ、ビザ申請の書類作成に関わらず、単価が非常に低いのかな?という印象で、単価を世間一般もしくは、それよりも少し高くすれば、十分な利益になりそうな感じです。

この行政書士さんが何年目の方かは存じませんが、紹介が多いということは、人柄も良く、実直で、実務の経験も十分で、信頼できる行政書士さんであることは容易く推測できます。新人の行政書士さんでは、紹介での受注はなかなか難しいですからね。

過去のブログを読むと、相続したお金があるみたいですので、気持ちとしては全然余裕があるのかもしれません。本当にお金がない行政書士さんなら、ブログで「日本一貧乏」なんて冗談でも書いている場合じゃありませんからね。気持ちに余裕があるとみました。気持ちの余裕は大切です。

もし興味があればグーグルで検索してみてください。でも、読むべきところは、毎月の売り上げではないですよ。そんなことは本当にどうでもいいですからね。大切なのは、この素敵な行政書士さんがどようにお客様を獲得しているか?ですよ。参考になるところが沢山あるはずです。

それと、他の行政書士さんが貧乏と言っているからといって、それでなんとなく自分の気持ちを安心させてはいけません。行政書士はビジネスですので、自分のサービスを売ってお金を稼がなくてはいけません。他の行政書士さんの収入がいくらとかは、あなたには一切関係ありません。

これから行政事務所を開業する人は、他の行政書士さんの収入を気にするのではではなく、マーケティングを気にしましょう。マーケティングは大切ですよ。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: