2019-12-27

フリーランスのメリット

独立・開業を考えている人は、どうしても独立後の最悪の状況を考えてしまいますよね。私もそうでしたから気持ちは分かります。もちろん、それは大切な事です。「どうにかなるわ」と思っても「どうにもならない」のが個人事業、フリーランスの世界です。

でもその反面、個人事業、フリーランスのメリットも実は沢山あります。では、思い浮かぶことを。

  • 時間が自由に使える。
  • サラリーマンだと出勤する時間や勤務時間など拘束される時間があるけど、個人事業、フリーランスの時間の使い方は自由です。

    これはたぶん最大のメリットではないかと思います。

  • 職場の人と毎日顔を合わさなくて良い。

1日のうちで家族といる時間よりも職場にいる時間のほうが長いという人は多いと思います。

そうすると当然ですが上司や先輩、後輩などの同僚と毎日顔を合わすことになります。職場の人たちと仲が良いとか雰囲気が素敵な職場なら良いのですが、人が3人以上いるとどうしても派閥も出来るでしょうし、無視やイジメだってあるかもしれません。

残念ながら職場に行きたくないとか日曜日のサザエさん症候群の多くの理由は、職場の人との
人間関係だと推測できます。

でも、個人事業、フリーランスだと人間関係の悩みは大幅に減ります。だって、嫌な人とは無理に付き合わなくていいのですから。

  • やりたいことが出来る。

サラリーマンだとなかなか自分のやりたい業務に就くことは難しいかと思います。転勤や異動もあるし、事務をしたかったのに営業になったなんて話は山ほどあるはずです。

でも、個人事業やフリーランスは兎に角自分のやりたいことをする、得意なことをするのが稼げる近道となります。

苦手なことをする為にとか嫌なことをする為に個人やフリーランスになったという話は私は今のところ聞いたことがありません。

  • 稼ぎに制限がない。

個人やフリーランスで一番気になるのは、やはり収入面ではないかと思います。

最初のうちは取引会社も少なく大きな収入は見込めませんが、長くしていればそれなりに取引先も増え、収入も上がってきます。

サラリーマンは毎月定額の給与が支払われるのがメリットですが、個人事業、フリーランスは、収入は安定しませんが、大きな収入も入ることは普通にあります。そこは実力主義そのものです。

  • 飲み会の強制参加がない。

「最近、若いものは飲み会に来ない」なんてニュースはちらほら見かけます。

実は私も強制されることが大っ嫌い。サラリーマンだと歓送迎会だの暑気払いだの忘年会や新年会、はたまた職場の研修旅行とか色々ありますが、これらがないだけでも物凄くストレスは減ります。そんな時間があったら、逆に働いていた方が嬉しいなんて思ったりします。

  • 保育園のお迎えができる。

両親が共働きの家庭は沢山あります。もし保育園から「熱が38度あるから迎えに来て」と言われたら多くの家庭はママさんが迎えに行くはずです。

でも、うちでは時間に融通が利く私が当然のように迎えに行きます。最近保育園の朝の送りにパパさんが来る家庭が多くなっています。時代はどんどん変わっていきます。

  • 家事も出来る。

朝の皿洗い、毎日の洗濯やお風呂洗い、ゴミだし、保育園の送迎は私の担当。ママは外で働きたいという性格で家事は苦手。

その為、洗濯や風呂洗い、ゴミだしなどの家事もこなします。これで家庭円満ですので、良いかなって。

  • 色々な人と出会える。

サラリーマンの時はどこかの社長さんと知り合うなんてことは皆無でしたが、個人事業、フリーランスになってからは色々な会社の社長さんと出会いました。

もちろん、相性がわるかったのか、縁がなかった社長さんもいらっしゃいますが、多くは長くお付き合いしたい社長さんばかりです。

これ、実は凄く個人、フリーランスにとって重要な事なんです。結局は人との出会いが全てですから。

と、サラッと書いてみましたが、独立・開業しようか迷っているあなた、不安はもちろんあるでしょう。というより不安を抱くことは必要です。でも、全てが不安ばかりでは何時になっても独立・開業はできません。個人事業、フリーランスのメリットも知っておくと力の源になって良いですよ。

とは言っても、独立・開業は慎重に。誰がやっても成功するという世界ではありません。それなりの資金とマーケティングと人との出会いが必要です。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: