食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2019-07-11

定番だけどフリーランスのメリットとデメリット

さて、これから個人事業主として行政書士事務所を開業しようとお考えのあなた、期待と不安が入り交じっていることと思います。どっちかといえば、不安のほうが大きいのかもしれませんね。

独立、開業する前は、これから始まることは、全てが想像の世界です。では、独立、開業するメリットとデメリットってなに?

まぁ、こんな疑問は他のサイトでも沢山過ぎるぐらい載っていますが、あくまで主観で今さらですが書き出してみます。まずはメリットから。

  1. 会社のような8時から18時とかの拘束時間がない
  2. 今日のやること、依頼を受けるかどうか等、自分で決められる
  3. 休みの申請をしなくても休める
  4. 日中、疲れたら気軽にカフェで休める
  5. お昼の休憩時間が自由。1時間も要らないときもあるし、1時間休みたいときもある
  6. 青色申告が使えるとかなり嬉しい
  7. 定年がない
  8. 毎日楽しい
  9. 社長さんらの新しい出会いが多い

ざっと思いついただけ書いてみたけど、やっぱり時間について、特に休みや休憩についてはメリットが大きいです。

休みを取るのに上司への申請もいらないし、仕事をしたいときには目一杯できるし、疲れたら自由に休めばいいし、それについて、誰かにとやかく言われることはありません。全て自己責任ですから。

特にお昼の休憩時間は、普段は15分ぐらいあれば十分だし、午前中にかなり集中したら、その分、昼休憩を長くとればいいし。

あとは、子どもが急に風邪などを引いて小児科に連れて行く時は、やっぱり平日の昼間は空いていて有りがたい。これが夕方5時過ぎになると急に混みだしますからね。

もちろん、平日は、レジャーや買い物、ほぼ全てのお店が土日よりはかなり空いている。

それと、これが重要でしょうか。自分であれこれ決められるのがいい。やりたいことが即実行できるのは最高です。会社にいると決定までの時間が長すぎます。あと、今年の予算にないからと来年まで待てとかね。

ビジネスはチャンスを逃すと機会損失が大きいのです。チャンスが目の前にあるのに、やらない選択肢はないということです。自分で決定できる、これ、もしかするとフリーランスの最大のメリットじゃないかと思っています。

では、次にデメリットを。まぁ、デメリットなんてどうでもいいんですけどね。いちよ、思いついたことを書いておきます。

  1. 経理から営業、実務などを全て一人でこなさないといけない
  2. 誤字、脱字などは第三者に確認してもらうと間違いがなくなるけけど、自分一人で仕事をすると自分で確認しなければならず、誤字、脱字が気づきにくい
  3. 収入が安定しない。多い月もあれば、当然少ない月もあり、不安定
  4. ボーナスがない。ボーナスの季節になるとテレビや新聞で公務員のボーナスはいくらとか発表してるのを見るけど、あれって必要?まぁ、税金の使い道を国民が監視するってことでいいんだけど。
  5. 病気などで長期で休んでも保証はない。民間の保険に入っているので全く問題ないけど。
  6. 保育園の申請では、フリーランスは点数が低い場合がある
  7. 国民年金の保険料が少ないので、将来受けとる年金が少ない
  8. 会社勤めのような異動や転勤がない
  9. 個人事業主だと会社とは違い、事業の税金は累進課税

思い当たるデメリットはこれくらいです。少ないですかね?

きっと、あなたが知りたいのは、収入の不安定をどう克服するか?じゃないでしょうか?でも、残念ながら、やはり収入の安定は永遠の課題かもしれません。これから独立したいと考える人は、収入が安定しないことが一番の心配だと思いますが、こればかりは、ずっとお付き合いしなければいけません。

でも、そればっかり考えているのでは、せっかくフリーランスになっても毎日不安ばかりですから、それはそれで割りきりが必要です。月に少ない収入があっても、多い月もそれなりにありますので、長い目でみるしかありません。目先のことは気にせず、5年後、10年後の先をみるのです。

総括ですが、私の場合は、フリーランスになって断然メリットのほうが多いです。もちろん不安もないとは言えませんが、自分がやりたいと思ったことが即実行できる、自由にできるのは、フリーランスの特権かもしれませんからね。

今、副業が流行っているみたいですが、副業をしてでもやりたいぐらいなら、フリーランスになって全力投球でやってみたら?なんて思ってしまうこともありますが、ただ、人それぞれ家族のこと、お金のことなど、フリーランスになれない理由がありますので、仕方がありませんね。

でも、人生は一度きりです。定年退職したらやってみようとか考えていても実際にはなかなか実現できません。それまで我慢して生きていくんでしょうが、フリーランスでやっていける自信があるとか、今の会社では居場所がない、やりたいことができない、転勤がイヤとか色々な悩みを抱えて苦しい思いをするぐらいなら、ご自身の特技をいかすとか、やりたかったことを実現するなどで生きていくのも一つの選択です。

安易なことは言いませんが、フリーランスで生きている身としては、フリーランス、全然、悪くないですよ。毎日イキイキ出来るし、物凄く楽しいのです。この時間をもっともっと。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事