2020-08-05

起業したいと起業するでは大違い

たしか今年の1月頃だったか、市役所勤務の50代の方から「2年後に起業したい」と相談を受けました。

「2年後・・・」

残念ですが、もはや私からみると「あ~2年後だろうが5年後だろうが、絶対起業しないな」と察しました。

ただ、学生の時から起業の夢はお持ちなようでしたので、しっかりとお話を聞いてアドバイスもしました。

でもね、こういうのって、はっきりいってお互い時間の無駄なんです。いくら学生の時から起業の夢があっても、本気で起業する気もないのに、今の職場に不満があって「起業したい」と言ったところで、実行には移りません。

なぜなら、起業する人は、いちいち他人に相談しません。思い立ったら即起業するか、相当な準備をして起業します。でも、学生の時から起業の夢があると言いつつ、何も準備なし、起業後に何をしようかと考えているようでは、絶対に早々と廃業します。

あなたの売る商品って、どんなお客様の売るの?

どうやって売るの?

あなたを知ってもらうためにどうするの?

その商品、他との違いは?

あなたから商品を買うメリットは?

などなど、スラスラ答えられますか?

と、この手の話になると、つい厳しいお話になりますが、今、新型コロナ感染症で、さまざまな業種がの人たちが苦しんでいます。

そろそろあからさまな雇い止めも始まることでしょう。

そんな窮屈な世の中で、2年後の起業なんて言っても現実味がありません。

起業って、そんなに甘いものではないですよ。

と、きょうは1月の出来事を思い出したので書いてみました。

でも、本気で起業して生きていこうって人は、こちらも本気で応援します。

コロナに負けるな。不安に負けるな。現実に負けるな。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: