食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2019-04-08

個人事業は体が資本は確かでした。

金曜日の23時過ぎに腹痛と嘔吐とめまいで救急で大きな病院へ。病院に着いてからも嘔吐が続き、CTなどの検査の結果、小腸に水が溜まっているということで入院。

昨日、一昨日は体がだるく歩くのも困難でしたが、たまたま土日でしたので、お仕事にはなんら影響はなく、今日か明日にも退院で安堵してます。今回は、普段の持病の飲み薬の影響らしく、その薬をやめれば大丈夫とのことで、まだまだフリーランスは続きます。

でも、フリーランスの身としては、やはり体が資本というのは確かです。入院までしなくても、普段体がだるいとか不調だとパソコンすらする気になれないですからね。

あと、お仕事ができないと収入がなくなります。当然ですが、これからフリーになる人は、そこら辺は十分理解しているとは思います。本当、雇われているときと大きな違いですよね。

それと、民間の医療保険は入っておくと安心です。インターネットのブログなどで、医療保険なんて無駄、高額療養費もあるんだから、日頃から貯金しておけば保険はいらないと書いてあるのも散見しますが、実際に入院すると、入っておいて良かったと思います。

それに、医療保険の代わりに普段から貯金しておけばと言うけれど、貯金ができれば苦労しないです。「毎月2万円は医療保険の代わりに貯金」なんてできるはずもなく、強制的に通帳から引き落とされるから払えるのであって、自分で貯金は難しいものです。あればあるだけ使いますしね。

まぁ、普段から健康に気を使うのが一番良いのかもしれませんが、入院するときは思いがけないことがきっかけの場合がほとんどで、予知もできないので、普段から仕事は後回しにしないとか、保険に入るとか、内科、外科の入院できる病院を調べておくとか、着替えなどの入院セットを用意しておくなどの準備は必要かもしれません。

あと、仕事のパートナーはいると物凄く安心です。今回もかなり助けてもらっています。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事