食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2019-04-21

「お金がない」が口癖になってない?

口を開けば「お金がない」という行政書士さん。

普段から「お金がない」と口癖のように言うその行政書士さんは、当然「お金がない」から広告には投資しません。

投資をしませんから「投資しない⇒リターンがない」という結果は明らかであり、事務所運営はいつまで経っても苦しいままです。投資しないということはそういうことです。

ホームページを作り、リスティング広告などに投資しなければ、見知らぬお客様は、あなたの事務所の存在を知る術はありません。

もしかして、何かに困っているお客様がグーグルやヤフーの検索窓を使って、あなたのことを色々なキーワードで一生懸命探してくれるとでも思っていますか?

それとも個人名で検索して、あなたのホームページに辿りついてくれるとでも思っていますか?

大丈夫、それはありませんから。

もし、あなたも「お金がない」が口癖なら、そろそろ、その口癖やめませんか?お客様だけではなく、お金の良い運気も逃しているかもしれませんよ。

「お金がない」ではなく「今年中に100万円貯める!!」という口癖のほうが、1年後お金は不思議と貯まっています。「嘘だ!!くだらね~馬鹿じゃないの」と思うなら、今から毎日ことあるごとに「今年中に100万円貯める」を口癖にしてみてください。

2,3年前ぐらいに、このブログで「朝起きたら必ず今日も依頼の電話がある」と口ずさむようにしている行政書士さんがいると書きましたが、その行政書士さんは、先日の電話で現在5件の農地転用、その他1件を受けて忙しい毎日を過ごしているそうです。

もちろん、いつも気持ちは前向きで愚痴なんて言ったことはないそうです。「愚痴なんて言ってもしょうがねーよ」と、電話を切る前はいつも「今度、お寿司奢ってやるよ」が口癖です。まぁ、奢ってもらったことはないんですけどね。いいんですよ、それでも。

広告は出したら必ずリターンがあるわけではありませんが、それでも出さないより、出した方が断然いいし、広告を出さないと見知らぬお客様は誰もあなたの存在を知ることもありません。

まぁ、日本人の多くが小さいころからお金の話をすることは良くないことと教えられ、お金を稼ぐための教育も受けてないと思いますので、どうしてもお金に否定的になり「お金がない」が口癖になってしまうのも仕方がないのかもしれません。

でも、個人事業の行政書士さんは、毎月定まった給料が入る会社員とは違いますので、どれだけ稼いでも良い訳ですから「お金がない」なんて口癖はやめて、「100万円貯めるぞ」を口癖に、今から沢山お金を稼ぎましょう。そして「儲かって仕方がないよ」ぐらいの言葉を言ってみたいものです。

シマッタ!!今年の10連休、既にお金がないよ!!

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事