食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2019-06-08

実務を覚えるのが先か、集客するのが先か?

これから開業される方からの質問で多いのがこれです。
「実務が分からないから実務を習得するのが先か?それとも集客するのが先か?」

悩ましいですね。実務が分からないとお問い合わせがきても上手く答えられないし、実務を習得しても集客しないとお問い合わせさえ来ませんからね。

でも、結論から言うと、「悩むぐらいなら両方やる」です。

実務が分からないなら、行政書士会や行政書士さんが主宰する実務セミナーを受講して覚える、そしてお問い合わせがもらえるように売る仕組みを構築する。この両方をやればいいのです。

「鶏が先か、卵が先か」みたいな、どちらが先?なんて考えるぐらいなら、両方ともガンガンやって準備すればいいのです。

あなたは今は経営者です。あなたがやることに誰も「ダメだ」とか「余計なことはするな」なんてことは言いません。これから長い間、行政書士として生きて行くために、実務の習得と集客の仕組みを作ること、その両方をやればいいのです。

なぜ、実務を先にとか集客を先になんて悩むの?

そんなに悩む暇があれば、さっさと実務セミナーに申し込むなり、ホームページを構築してブログを書いて、Youtubeで自己紹介動画を作って、Yahoo!やグーグルのリスティング広告を申し込むのです。

とは言っても、きっとあなたの腰は物凄く重いですよね。

では、どうするか?

腰が重い人は、まずは取り扱う専門業務を1つ決めてください。そして、その専門業務で集客するにあたり、誰をターゲットにするかを決めてください。

行動するのに腰が重い人は、取扱い業務が曖昧で、お客様のターゲットさえ決まっていないことが多々あります。ですので、専門業務を1つ決め、誰に売るか?を決めるとスタートしやすいですよ。

なぜなら、実務セミナーに申し込みをして下さいと伝えても、取り扱う専門業務さえ決めていないのでは、申し込みのしようがありませんからね。集客も誰をターゲットにするかさえ決まっていなければ、ホームページのキャッチコピーさえ決められませんからね。

開業した最初のうちは「いらっしゃったお客様を断ることなく、どんな業務でもします」と考えていると思います。でも、それではいつまで経っても依頼は来ませんし、いつまでも実務を覚えるのが先か集客が先かと悩むだけです。

そうではなく、専門業務を1つに決め、お客様のターゲットを絞り、その上で、専門業務の実務セミナーに参加して徹底的に知識を深堀して、その知識を元に専門業務のホームページを構築し、ブログで有益な情報を提供し、Youtubeであなたの人柄を伝えるのです。そして、リスティング広告でバシバシ宣伝する。

これだけで多分、今までと全然違いますから、ぜひ実務の習得も集客も両方やってみてください。

もちろん、両方やるには時間とお金が掛かります。ですが、焦らず行動してください。焦ったところで依頼が増えることはありません。

そうそう、もし建設業許可申請を専門にしたいなら、まずは役所が出している「建設業許可の手引き」をインターネットからダウンロードして最低10回は読み返してください。それぐらいなら今すぐ出来るはずですよ。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事