2018-08-05

とにかく「やってみる」そして修正、修正

行政書士を開業する人に結構多いご相談がこれ
「ホームページは自分で作った方がいいですか?」

流石にこれは作ってみないとわかりません。
ご本人の技術もどれくらいか知りませんし、依頼する業者のマーケティングのセンスも分からないからです。

でも、一つ言えることが、「やってみないとわかりません」ということ。
そう、やらなきゃ分からないのです。やって初めて結果が分かるのですから。

ホームページは自分で作ると時間がかかります。プロの文章でもなければ、プロのデザインのような見た目でもないかもしれないです。
それで結果が伴うかどうかはわかりません。素人のデザインだから逆に親しみがあって依頼がくることもあるかもしれません。

ですので、一度ホームページを自分で作ってみてください。それで結果が悪ければ業者に依頼すればいいのです。
業者に依頼してダメなら、自分でどしどし修正して良いものにしていけばいいのです。

最初から上手くいくはずがないのです。ビギナーズラックもあるかもしませんが、そういうのは長くは続きません。
まずは「やってみる」、そして修正して、また修正です。最初はどうあれ、続けることが大切です。

だから、つべこべ言わずに「自分で作る」もしくは「依頼する」そして、早くホームページで事務所を宣伝して下さい。
宣伝しないと依頼なんてこないですよ。

そうそう、ホームページには顔写真は掲載してくださいね。これ個人事業主の必須ですから。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: