2018-09-28

個人事業の行政書士にとって、学歴って何か影響するの?

行政書士さんの知り合いには、早稲田とか慶応とか世間で学歴が高いという大学を卒業した人がちらほらいらっしゃいます。もちろん、いろいろな大学の卒業生さんもいらっしゃいます。では、行政書士に学歴は必要か?学歴でなにか経営に影響するのか?と言えば「とくに良い影響も悪い影響もないかな」という感じです。

自分も大学を出ましたが、何か知らないこととか、言い間違えなどをした時に「大学出てるんでしょ?」なんて言われたことはありましたが、それ以上のことはなし。面と向かって「大学どこ?」なんて聞かれたこともないですし、ホームページにも掲載してません。今まで大学卒が役にたったのは、大学時の就職活動の時ぐらいでしょうか。

そうそう、慶応大卒の人が、ホームページ制作を依頼してくれた際に「事務所概要の自己紹介のところに出身大学は載せないで」と頼まれたことがありました。ご本人が言うには「なんか自慢してるみたいで嫌だから」なんて謙虚に言ってましたけど、どこの大学かで依頼される、されないは影響しないけど、掲載できるものは掲載したら?と伝え、今は掲載しています。もしかしたら同じ出身大学の人が依頼してくれるかもしれませんし、それに、慶応大卒と書いても誰も自慢してるなんて思いませんからね。大丈夫。

ご本人にとって高い学歴は学生時代に頑張った証ですから大切です。ただ、自営業の経営自体には、ほとんど影響はないと考えます。それより、行政書士になったら「いかに食えるようになるか」、「細く長くでも廃業しないこと」のほうが大切ですからね。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: