2016-09-18

開業したら、まずはホームページで集客しましょう。その方法でお勧めは・・・

集客する方法として、ホームページ公開、ブログ、SNS、チラシ配布、メルマガ、名刺交換、DM、FAXDM、新聞広告、駅前でのハンディングなど色々ありますが、その前提となるのは、あなたのサービスに興味がある人を集めることです。
やみくもにチラシを配布しても新聞広告を出しても、名簿業者から買った名簿でDMやFAXDMをしても、たぶん結果はしれています。

そこで、一番効果がありそうなのは、サービスを提供したいお客様のターゲットを絞ってホームページを作成して、無料で小冊子を配ったり、メルマガ発行をすることです。

ホームページは非常に優れた集客ツールで、お客様がGoogleやYahoo!で悩みのキーワードを入れて、わざわざお客様の方からホームページを見に来てくれます。
こんな優れたツールは、ホームページを置いて他にないと言っても過言ではありません。

つい先日、新人行政書士さんから「60歳ぐらいの行政書士さんは皆ホームページを持ってないけど、十分集客しているし、お客様もいる。だからできれば自分もホームページはお金がかかるからホームページを持たずに集客したい」というお話を頂きました。

ただ残念ながらそれは長年やってきた経験と知識と素晴らしい人間関係が既に出来上がっているから別にホームページがなくても出来ることであり、それを新人行政書士さんが真似をしても、同じように出来る訳がありません。60歳ぐらいのベテラン行政書士さんにはそれだけの腕もあるのです。人生経験が違うのです。

ですので、まずはターゲットをきちんと決めて、お客様にどんなサービスでどんな価値を提供できるのかを考えてホームページで集客することをお勧めします。

でも、ホームページを公開したからと言って、それで直ぐにお問い合わせがくることはないですから、お客様にあなたのことを知ってもらう為に、小冊子を作り無料でプレゼントをするのです。そして週に1回メルマガを発行してお客様との信頼を築き、お客様が誰に相談していいか迷った時には、「たしか、あの行政書士さんなら」と直ぐに思い出してもらうのです。

直ぐに思い出してもらうということは、日頃からメルマガなどで一方通行でもいいので、継続して送ることが重要なのです。
そうすると、他の行政書士でも誰でもない「あなたにお問い合わせをしてみよう」という気持ちになるのです。

※ホームページを公開したら、SEO対策、PPC広告はぜひやってくださいね。
※無料小冊子のつくり方が分からない、作成したけどどうなの?と不安なかたは、私の仕事のパートナーのブリッジワーク高橋氏の初回無料でスカイプ相談で相談するのも良いかもしれません。

初回無料でスカイプ相談申し込みフォーム


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: