2019-04-23

褒める効果は絶大かもね

人は、辛いことや苦しいことがあると、つい愚痴ったり、人のせいにしたり、悪口を口走ってしまうのもです。

特に開業してから暫くの間、お問い合わせさえないと「やっぱり行政書士なんて食えねーよ」とか、つい愚痴ってしまうのは致し方ないのかもしれません。

でも、決して愚痴っちゃダメですよ。良い運気が逃げていくだけでなく、そんなことを言っている行政書士さんにお客様は絶対に依頼しません。ましてや、同業の行政書士さんのブログのコメントに悪口なんて書くのはもってのほかです。

愚痴や悪口を言う→お客様に悟られる→お問い合わせが来ない→収入がない、なんて悪循環になるのは目に見えています。

じゃ、どうする?

それは、何があっても褒めること。お客様と会うときは、その人の人生経験や趣味や特技、持っている資格などをそれとなく聞いて、まずは褒めるのです。というより、兎に角褒める。まぁ、わざとらしい褒め方はいけませんので、さりげなく、自然に褒めるのです。

褒めたことで、お客様が微笑んでくれたら、それで十分です。会話中に話題がなくなり、沈黙が訪れようとしたら、その時も褒めるのです。そうすると、きっと良い結果になります。なぜなら、人は褒められて嫌な気分になることはありませんから。

もし、お客様から「お世辞が上手いんだから」なんて言われたら、それはもう褒めの効果だと思ってください。お客様は悪い気分にはなっていませんので、漸くそこからお仕事のお話です。

きっと、お客様を褒めると、不思議と自分も前向きな気持ちになります。褒めるということは、そういうことです。そして「依頼される」という結果になるはずです。

「また、こいつ、くっだらねーこと言ってるよ」と思ったら、騙されたと思って明日からでも実践してみてください。決して悪い効果はないはずです。愚痴や悪口なんかを言っているより、よっぽど良いことがありますよ。

ただ、小さい頃から褒められることに慣れていない人は、実践するのは難しいかもしれませんね。私は人から褒められることは全くないため、最初のうちは上手く褒めることさえできませんでしたが、そんなときこそ、ちょっと大袈裟に褒めて慣れるようにしました。その甲斐あってか、今では人に会えば褒めてばっかりです。

以前、「褒めてばっかりで、自分が悲しくならない?」と言った人がいましたが、そんなことは全然ありません。権力のある人や上司にだけ褒めたり、お世辞を言うのとは違い、誰にもで優しく、誰にでも平等に接して、その上で褒めれば良いのです。

そして、お互いが嬉しくなれば、お互い良い気分になって、お互い良い運気に恵まれる。なんだか、素晴らしいって思いませんか?


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: