2017-10-28

「集客できない」を克服するために心から本気を出してますか?一つご提案があります。

「集客できない、依頼がない」と相談してくれる人の大半の方が発言するのは「これからは何でもやります」

でも、「じゃ、○○やりますか?」「○○はどう?」と聞くと「いやー、それは○○だからちょっと」とか「それはやりたくないです」と言います。

まぁ、もちろんご本人には決して口には出して言いませんが、それじゃ無理だよねって。

ご本人は真面目に「飛び込み営業をしたいぐらいです」とか「DMもやってみたいです」とは言うものの絶対にやりません。なぜなら心から本気ではないからです。

次に多い発言が「お金がない」
集客にはお金が掛かります。特に宣伝費は膨大に掛かります。
ホームページも顔写真の掲載すらない自作の素人丸出しのホームページでは依頼なんて来るはずもなく、きちんとお金をかけて制作する必要もあるかと思います。また、DMをするにもお金が掛かるし、チラシを配るのにもお金が掛かります。ホームページでリスティング広告を出すのにも当然お金が掛かります。

でも、集客できない、依頼がないという方は、お金をかけようとしない。お金を使わずに依頼だけがほしいと希望する。
本当、残念ですが、世の中そんな美味しい商売はありません。これもご本人の本気度が低いのかな?と思ってしまいます。

次に言葉にするのが、「どこかの事務所で実務を習得したい」

これも、今まで集客できていない人が、いくら実務を習得しても集客には繋がりません。なぜなら、集客する仕組みがないからです。結局は本気ではないから「集客できないのは実務が不安だから」を理由にします。でも、集客できないのは、実務云々じゃないんですよね。

こうした発言の方は、どんなに苦しくても、なんとか今の生活が出来ているのです。そのため本気度が伝わってこないし、本気でやろうと伝わってくることもありません。

もし、あなたが今も集客できなくて「もしかして自分もそうかも」なんて思ったら一つご提案があります。

本気で集客するなら、今すぐ事務所を行政書士法人にして社員を雇うなり、法人にしないまでも、補助者を雇ってみてください。そしてあなたは集客に集中して、実務は社員の方なり補助者の方にお任せするのです。集客と実務を分業にすれば効率も良くなりますからね。集客できないのに、実務もしなければと考えるので、余計に上手くいかないのです。

これ、きっとめちゃくちゃ本気になると思います。だって、人を雇えば自分の給与よりも優先してその方に給与を支払わなければなりません。給与の支払いを滞納なんて出来ませんからね。あなたが本気で集客に取り組んで依頼を貰わなければ、給与が支払えないので必然的に本気になります。

今まで絶対にやりたくなかったDMも本気でやると思いますし、ホームページもプロに依頼してリスティング広告で徹底的に宣伝すると思います。「ホームページに顔写真なんて載せられない」なんて言っている場合じゃありません。給与を支払う為には、集客に恥じも外聞もありませんからね。そして、お金が無いとなれば、金融公庫や信用金庫なりに相談に行きます。

でも、雇わないんですよね。心から本気ではないから。どこかに「お金を掛けずに依頼だけがほしい」なんて気持ちがありませんか?

まぁ、わざとかなり厳しめに書いていますが、ただ本気になれない理由も分かりますけどね。今まで雇われ身のサラリーマンだった方が、いきなり経営者になって、集客も実務も経理もしなければならない、でも課せられたノルマはないし、上司もいないし、部下もいないし、食べるものがなくて死ぬこともないし、それで本気を出せと言われても、なかなか難しいですよね。お気持ちは重々理解できます。それが決して悪いとは言いませんし、無理にがんばりましょうとも言いません。自分の出来る範囲で、健康が害されないように生きていければいいのです。

余談ですが、集客できない、依頼がない、食えないと言いつつ、今日食べるものがなくて野たれ死んでしまうなんてことはないし、なんとか生活出来てしまう日本って、凄く恵まれてるし、これって凄いことだと思います。日本って素晴らしい!! 行政書士も素晴らしい!!

2017-10-28

「集客できない」を克服するために心から本気を出してますか?一つご提案があります。

「集客できない、依頼がない」と相談してくれる人の大半の方が発言するのは「これからは何でもやります」

でも、「じゃ、○○やりますか?」「○○はどう?」と聞くと「いやー、それは○○だからちょっと」とか「それはやりたくないです」と言います。

まぁ、もちろんご本人には決して口には出して言いませんが、それじゃ無理だよねって。

ご本人は真面目に「飛び込み営業をしたいぐらいです」とか「DMもやってみたいです」とは言うものの絶対にやりません。なぜなら心から本気ではないからです。

次に多い発言が「お金がない」
集客にはお金が掛かります。特に宣伝費は膨大に掛かります。
ホームページも顔写真の掲載すらない自作の素人丸出しのホームページでは依頼なんて来るはずもなく、きちんとお金をかけて制作する必要もあるかと思います。また、DMをするにもお金が掛かるし、チラシを配るのにもお金が掛かります。ホームページでリスティング広告を出すのにも当然お金が掛かります。

でも、集客できない、依頼がないという方は、お金をかけようとしない。お金を使わずに依頼だけがほしいと希望する。
本当、残念ですが、世の中そんな美味しい商売はありません。これもご本人の本気度が低いのかな?と思ってしまいます。

次に言葉にするのが、「どこかの事務所で実務を習得したい」

これも、今まで集客できていない人が、いくら実務を習得しても集客には繋がりません。なぜなら、集客する仕組みがないからです。結局は本気ではないから「集客できないのは実務が不安だから」を理由にします。でも、集客できないのは、実務云々じゃないんですよね。

こうした発言の方は、どんなに苦しくても、なんとか今の生活が出来ているのです。そのため本気度が伝わってこないし、本気でやろうと伝わってくることもありません。

もし、あなたが今も集客できなくて「もしかして自分もそうかも」なんて思ったら一つご提案があります。

本気で集客するなら、今すぐ事務所を行政書士法人にして社員を雇うなり、法人にしないまでも、補助者を雇ってみてください。そしてあなたは集客に集中して、実務は社員の方なり補助者の方にお任せするのです。集客と実務を分業にすれば効率も良くなりますからね。集客できないのに、実務もしなければと考えるので、余計に上手くいかないのです。

これ、きっとめちゃくちゃ本気になると思います。だって、人を雇えば自分の給与よりも優先してその方に給与を支払わなければなりません。給与の支払いを滞納なんて出来ませんからね。あなたが本気で集客に取り組んで依頼を貰わなければ、給与が支払えないので必然的に本気になります。

今まで絶対にやりたくなかったDMも本気でやると思いますし、ホームページもプロに依頼してリスティング広告で徹底的に宣伝すると思います。「ホームページに顔写真なんて載せられない」なんて言っている場合じゃありません。給与を支払う為には、集客に恥じも外聞もありませんからね。そして、お金が無いとなれば、金融公庫や信用金庫なりに相談に行きます。

でも、雇わないんですよね。心から本気ではないから。どこかに「お金を掛けずに依頼だけがほしい」なんて気持ちがありませんか?

まぁ、わざとかなり厳しめに書いていますが、ただ本気になれない理由も分かりますけどね。今まで雇われ身のサラリーマンだった方が、いきなり経営者になって、集客も実務も経理もしなければならない、でも課せられたノルマはないし、上司もいないし、部下もいないし、食べるものがなくて死ぬこともないし、それで本気を出せと言われても、なかなか難しいですよね。お気持ちは重々理解できます。それが決して悪いとは言いませんし、無理にがんばりましょうとも言いません。自分の出来る範囲で、健康が害されないように生きていければいいのです。

余談ですが、集客できない、依頼がない、食えないと言いつつ、今日食べるものがなくて野たれ死んでしまうなんてことはないし、なんとか生活出来てしまう日本って、凄く恵まれてるし、これって凄いことだと思います。日本って素晴らしい!! 行政書士も素晴らしい!!


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: