食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2015-05-09

行政書士として、お客様に提供できるあなたの価値は何ですか?

あなたが行政書士としてできること、それは、お客様の夢、希望、願望を叶え、手伝うことで対価をいただく「価値」と「価値」の交換です。そこで重要なことは、あなたの価値で勝負することです。

間違ってはいけないことは、相続の業務や建設業許可申請手続きなどのサービスはお客様の課題解決の手段にすぎません。相続の業務をすることや建設業許可申請の手続きをすることが目的ではないのです。
それらはお客様を満足させる手段に過ぎないのです。

では、価値とはなにか?

それは「○○できる」「○○な気持ちになる」こと。

相続の業務をする、建設業許可申請の手続きをすることにより、お客様の課題が克服される。これによりお客様がうれしい気持ちになる、不安な気持ちを解消することができる、課題が解決できる。
そう、これがお客様にとっての価値です。

では、あなたの場合は、
・お客様を喜ばすことができる。
・お客様を満足させることができる。
これがあなたにとっての価値なのです。

あなたのサービスを受けるとお客様の生活はどう変わりますか?
あなたのサービスを受けるとお客様はどんな気持ちになりますか?
あなたの商品・サービスの特徴から得られる「価値」は何ですか?

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事