2016-08-23

ホームページからお問い合わせがないなら広告を出してみよう

あなたのホームページは一日何名のアクセスがありますか?

ホームページからお問い合わせがない場合の原因の多くは、アクセス数が少ないことが挙げられます。一日のアクセスが3、4人では流石に辛いところです。かといってSEO対策も時間が掛かりますしね。

そこで時間を短縮するために、GoogleやYahoo!のリスティング広告です。
ただ、初めて広告を出す人にとっては不安ですよね。
ワンクリックで120円とか150円も取られてしまうのですから。
しかもいくら支払らえば本当にお問い合わせが来るのかも定かではないですしね。

でも、その不安を抱えてもリスティング広告はやるべきです。
もちろんお金はかかります。だって広告ですからね。人が集まる他人の領域を借りて、自分の事務所の宣伝をするわけですから。また、どんなに広告費をかけてもアクセス数がどんなに増えてもお問い合わせすらないかもしれません。それでもリスティング広告はやってみて下さい。

Googleでしたら初めての人に限り2,500円以上を支払って、ある期間で2,500円以上クリックされれば7,500円分の広告費が上乗せされます。お試しで広告をだすにはもってこいです。

それに、広告を出してアクセスがあるにも関わらずお問い合わせがなかったら、ホームページの内容を充実させるきっかけにもなりますしね。多くの方はホームページを公開してから全く更新していないことが原因の一つでもありますから、広告を出すメリットは大きいですよ。

ただ、これだけ書いてもあなたはリスティング広告をやらないですよね、きっと。
そんな時には一度考えてみて下さい。

今までやった集客はどれくらい効果がありましたか?
あなたが今までやった集客で効果があれば、それをやり続ければいいのですが、多分それらがあまり効果がなくて、悩んでこのホームページを見に来てくれたことと思います。

もしそうであれば、あれこれ考えずに一度リスティング広告をやってみて下さい。
小さなテストを繰り返して、上手くいった際には、ある程度効果がなくなるまで続けて、また軌道修正。これを繰り返すのです。

今のままホームページの更新もせず、宣伝もせず、アクセス数もなく、お問い合わせがない状態では、この先も余り良い結果は期待できません。二ヶ月後、三ヶ月後に、やっぱりお問い合わせがなかったと慌てないためにも早めにリスティング広告を出してみましょう。

そうそう、GoogleもYahoo!もサポートが充実しています。
0120のにフリーダイヤルに電話を掛ければ丁寧にやり方を教えてくれます。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: