2019-10-23

食えない行政書士と思ったら、これぐらいはやってみて。

以前に開業して半年ぐらいの方から頂いた言葉です。

「アルバイトをしているから生活できてるけど、行政書士を専業でしていたらと思うと、ゾッとします。行政書士は本当に食えない職業ですね。」

いや、もうびっくりしました。こちらがゾッとしました。慌てて、この方には次のような返事をしました。

「いやいや、そうではないですよ。食えないという前に、まずは見知らぬお客様からのあなたへの信頼を築いてください」

未だに「開業すれば」とか「ホームページを公開すれば」それだけで依頼がもらえると考えている人がいると思うと、「そうじゃないよ」って居ても立ってもいられませんでした。

例えば、以下のことを毎月実践して、それでもお問い合わせすらないのなら、「行政書士事務所を開業したけど全然ダメでした」と嘆くのは致し方ないのかもしれませんが、平日はずっとアルバイトをして、ホームページも更新せずに、お客様との信頼関係も築くことなく「依頼が全くない」と言われても正直困ります。そもそも、見込み客は何人いるんですか?と問いたくなります。

別に「飛び込み営業をしましょう」なんてことは言いません。次のことを実践してみてください。

【これぐらいは、やってみて!!】

  1. マーケティングを学び、売る仕組みを構築し、見込み客を集める。
  2. 面談時に無料の小冊子を配布するなどして、あなたの事務所にお問い合わせをするメリットを作る。
  3. メルマガを配信する。
  4. どこかの会議室を借りて、セミナーや無料相談を定期的に行う。
  5. ブログを書いて、自分のことをもっともっと知ってもらう。
  6. Youtubeでご自身の動画配信をする。
  7. Youtubeでお客様の声を配信する。
  8. チラシを定期的に配布して、常に活動していることを知ってもらい、地元集客に力をいれる。
  9. Goolge、Yahooのリスティング広告を掲載する。

残念ながら、今時ホームページぐらいはどこの事務所でも公開しています。ですので、これぐらいのことはして、あなたへの信頼を築いていかないと、なかなか依頼にまで結びつきません。

なぜなら、お客様はあなたのことを信頼してくれない限り、決してお問い合わせすらしてくれないからです。

自分がお客様の立場になって想像してみてください。依頼するなら、信頼できる人にまずは問い合わせをすると思います。

では、その信頼をどうやって確立していくのか?それは、継続して集客を実践して、自分のことを知ってもらうことです。それでようやくお問い合わせを頂く。

何度も言いますが、開業しただけとかホームページを公開しただけでは、あなたのことは誰も知らないし、知ってもらうこともできません。そのため、信頼さえ得られず依頼はもらえないのです。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: