食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-11-05

耳を傾ける、そして聞き手に回る。これが意外と難しい。

人は、概ね自分自身のことが大好きです。別にそれが悪いことではありません。当然のことですからね。誰でも他人の話を聞くより、自分の話をするほうが自分自身にとって心地がいいに決まっています。

これ、お客様も例外ではありません。お客様は何か悩みをもってあなたに相談してきます。悩みですから、誰かに話をしたい、誰かに悩みを聞いてもらいたいと思っているはずです。

そして、お客様がその相談相手にあなたを選んでくれたら素敵なことですよね。悩みを聞いてもらいたい特別な相手があなたになったということですから。

でも、ここで注意しなければいけないことは、あなたは聞き手に回ること。あなたも自分の話をしたいかもしれません。特に初対面の時は自分のことを知ってもらいたいがために、ついおしゃべりになってしまいますよね。

でも、そこはグッと我慢して、常にお客様の聞き手に回りましょう。耳を傾け、お客様の話をじっくり聞くのです。こうすることで、お客様にとってあなたは特別な存在になり、信頼が増していくのです。

ただ、話を聞くって簡単そうで、実は凄く難しいのです。途中で話が途切れたりして、その間が不安になり、つい機関銃のようにしゃべってしまう。前回、間が大切と書きましたが、話が途中で途切れて不安になるかもしれませんが、そこは我慢我慢。

繰り返しますが、人は概ね自分自身が大好きです。自分の話を聞いてもらいたいのです。ですので、あなたは聞き手に回り、お客様の話をじっくり聞いてください。話を聞いてくれる相手には信頼感が増し、格安を謳うの他の行政書士ではなく、きっとあなたに依頼したくなります。

でも、話を聞くことって意外と難しいですよ。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事