2018-10-08

ホームページ制作費用の値段が上がっています。

ここ最近、色々なホームページ制作会社の制作費の値段が上がっています。

以前は、格安と謳う会社や極端な会社になると制作費0円というのもありましたが、ユーザーさんも格安でとか、無料でホームページを作っても「集客」という目的が果たせないということが少しずつ理解してきたのか、制作費用は以前よりも単価が上がっています。

つい最近お会いした方で、ドローン操縦講習のランディングページを業者さんに作ってもらったら50万円かかったそうです。グーグルのランディング広告で「ドローン講習」で検索すると、たいがい上位にあるランディングページです。50万円ですので、さすがに写真は綺麗ですし、作りも丁寧に、きちんと制作してあります。また、リスティング広告もしており、お問い合わせもあるそうです。

行政書士さんの多くは、開業する際には「お金がない」というのは当たり前のようですが、格安で作ったホームページや、ましてや制作費0円では、公開しても残念ながら依頼もなく、結局、開業してからの貴重な時間を損したということになりかねません。

それに、今はGoogleはスマホフレンドリーにかなり力を入れており、片手間で作ったホームページなどでは検索上位に行くことは難しく、お問い合わせ、依頼に繋げることは尚更難しいことかと思われます。

50万円で作るホームページと格安とか0円で作るホームページでは、どちらが制作に力が入るかは明白ですよね。通常は、高ければ高いほど質がいいですし、安ければ安いほど、それなりですからね。食えてる行政書士さんは、格安ではなく質で選んでいますよ、きっと。

まぁ、ただし、高ければいいというものでもありませんので、ホームページを自作する場合でも業者に依頼するにしても、きちんとマーケティングを取り入れ、お客様が困っていることに寄り添い、読んでもらえるホームページを作るようにしてみてください。

ホームページは「あればいい」という時代は過ぎ去りました。今はホームページはマーケティング、コピーライティングを駆使して、お客様にあなたのことを信頼してもらうための重要なツールです。できるだけ安くとか「あればいい」なんてことを言っていてはいけません。

何度も言いますが、行政書士はボランティアではありません。生きていくためのビジネスです。きちんと集客しましょうね。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: