2015-06-06

異種業種セミナー参加もいいですが、マーケティングの習得をぜひ。

昨年のこと、2年間勉強して行政書士試験に合格し、開業したけど結局1年足らずで廃業した方がいらっしゃいました。
「マーケティングが大切ですよ」とお伝えしても聞く耳もたず、名刺は顔写真なし、ホームページは自作の単なる事務所の紹介ページ、いわゆる業務名があれこれ書いてある事務所案内サイト、しかもヘッダ画像に悲しいかな、青空の写真。
結局、ほとんどお問い合わせもなかったらしいです。

でも、その方の特徴的な行動は、異業種セミナーにはせっせと参加していた印象があります。さすがに、それだけでは・・・とお伝えはしたのですが。

もちろん、異業種セミナーに参加すれば色々な人に会えるし、刺激も受けられます。しかもたくさんの人と名刺交換ができ、なんとなく人脈が広がった気がして「もしかして仕事がもらえるかも???」なんて思ったりします。

ただ、残念ながら異業種セミナーに参加したぐらいで仕事なんてもらえません。なぜだかわかりますか?
それは、参加している相手だってあなたに仕事を貰いに来ているのですから。

よく考えてください。

なぜ、開業したばかりの人に仕事を手伝ってもらわなきゃいけないの?
熟練の行政書士さんなら仕事を完璧に責任をもってやってくれるので仕事を手伝ってもらいたい、お願いしたいって気になるのですが、新人の行政書士さんにお仕事を手伝ってもらう理由はなんですか?

参加していると楽しいから、なんとなく仕事をしている気になるからとセミナーや異業種セミナーばかりに参加するのではなく、まずは手堅くマーケティングを習得して、集客を実践しましょう。

そうでなければ「開業したら試験勉強の時間よりも短い時間で廃業した」なんてことになりかねません。

あなたは資格マニアで資格だけがほしかったわけではないはずです。資格を使ってお金を稼ぐことが目的ではなかったのですか?

そうであれば、悪いことは言いません。必ずマーケティングを習得し、集客を実践しましょう。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: