食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-07-02

どうしたら依頼者に満足してもらえる仕事ができるのか?

メールで頂いたご質問です。
「どうしたら依頼者に満足してもらえる仕事ができるのか?」

なかなか難しい質問ですね。
相手が何を求めているか?

最終的には、許認可が取れることなんでしょうが、その前に、電話対応とか依頼を受けた後の定期的な進捗報告、メールの返信の早さなどでも満足度は大きく違うと思います。

行政書士の業務は「誰がやっても同じ」という人がいますが、依頼を受けるということは「人」と「人」との関係が発生するので、間違っても誰がやっても同じということはありません。

必ず受付から完了までのお客様ごとに違うストーリーが発生します。そのストーリーの中で、信頼関係が生まれたり、拒否反応が生まれたり、色々な感情なども発生する事でしょう。

ということで、今回頂いたご質問の答えは、許認可の取得も満足度の一因でしょうが、それ以上にお客様への対応をきちんとすれば、おのずとお客様の満足度は上がると思います。

お客様の満足度が上がるということは「次回もよろしく」という方向になる可能性も多いかと思います。そうなったら、お客様の満足度だけではなく、あなたの満足度も上がり、お互い素敵な関係になれたということです。

【無料ZOOM開業相談室】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【無料ZOOM開業相談の募集】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人の3名です。

ただし、冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事