2019-03-20

紹介でのお客様がオススメ

これから開業する人は、間違いなく集客で苦労します。集客は経営者の永遠のテーマと言っても良いほどです。

新人行政書士さんがお客様を獲得するにはどうするか?まずはインターネットでの集客でしょうか?でも、これは時間がかかる上に、信頼関係をゼロから構築する必要があり、広告費等にお金が掛かります。

では、その他には?

それは、紹介でのお客様です。実は紹介ほど素晴らしい集客はありません。なぜなら、あなたのことを信頼して紹介くださるので、既に少なからず信頼関係が生まれているのです。

でも、残念ながら開業したばかりの新人行政書士さんに仕事を紹介してくれる人は、せいぜい親戚か親しい友人でしょうか。正直、親しくもない人には怖くて紹介なんてできないんですよね。

じゃ、どうするかというと、行政書士さん同士で紹介し合うのです。

それには、まずあなたの専門業務を確立させてください。前回のブログでも書きましたが、手広く何でもやりたい「何でも屋さん」ではいけません。業務を絞り、○○業務なら私にというぐらいに書籍やセミナーでもいいので、まずは実務を学習してください。

次に、ご自身が取り扱う以外の専門業務を確立している新人さんなり先輩と組むのです。そして、偶然にでもその人が扱う業務がきたら迷わず紹介するのです。決して、欲を出して自分でやろうなんて思ってはいけません。

あと、何でも屋さんの行政書士さんと組んでもダメですよ。絶対にお客様の紹介はありませんから。

新人行政書士さんの中には、全ての業務を自分一人でやろうとする人がいますが、それではいつになっても誰からも紹介されないし、ずっと新規顧客の集客をしなければいけません。

例えば会社設立をメイン業務にしたくて、登記が必要だからと司法書士、社会保険手続きもあるからと社会保険労務士、中小企業にアドバイスをしたいからと中小企業診断士の資格を取らなければいけない、そうでなければ満足に仕事ができないと思っている人がいらっしゃいます。

でも、それこそ登記が必要なら司法書士さんへ、社会保険手続きは当然社会保険労務士さんに紹介したほうが後々良い効果が生まれます。全てを自分一人で完結させようとすると、そのうち資格を取ることが目的となってきます。

実際にいらっしゃいます。会社設立をメイン業務にすると言って、行政書士の他に社会保険労務士の資格を取ったけど、結局どっち付かずで食えてる様子もないし、普段はアルバイトで生活している人が。行政書士と社会保険労務士の価値ある資格をもっているのに、なんだかなーって思います。

ただ、それはそれで本人の選択ですので、他人がとやかく言うことではありませんが、新人行政書士さんで、もし集客に苦労しているなら専門業務を確立して紹介しあうのが集客の早道です。別に行政書士さん同士でなくても社会保険労務士さんや司法書士さん、税理士さんでも良いと思います。

とにかく、自分一人で全てをこなそうとせず、Win-Winで紹介し合う、そうすれば、その紹介から更により広い紹介へと発展していくはずです。ちなみに、現在の私の場合は、これといった営業活動はしていないので、仕事のパートナーさんからの紹介だけです。

紹介での最大のメリットは、紹介で来るお客様は、既にあなたに良い印象をもって来てくれます。インターネットでゼロから信頼関係を構築するのとは違い、信頼というスタート地点がそもそも違うのです。だからこそ紹介でいらっしゃるお客様はオススメなのです。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: