2017-02-09

商圏と需要についての質問にマーケッターの高橋氏が動画で回答をくれました。

開業にあたり、これから開業する行政書士さんより、商圏と需要についてのご相談がありましたので、メールでも返信しましたが、ここでも一部記載します。

商圏を決めるにあたり、需要がありそうなこと、例えば建設業許可をするにあたり、全然業者のいないところを商圏にしても依頼は見込めませんので、どれくらいの業者があるかは重要です。

また、商圏内にライバルが多いと不利じゃないの?と聞かれることもありますが、ライバルが多いと新人行政書士さんにとっては敷居が高いかもしれませんが、逆にライバルは多ければ多いほどメリットもありますけどね。

そのメリットは、簡単に書くと次のような感じです。
・ライバルが多いほど、それだけ需要が多いということ
・ライバルが多くても既存のお客様は、意外とそのライバルの方々に不満を持っている人が多いこと

あとは「○○地域で○○業務のNo.1行政書士になる」のも商圏の一つの考えです。

最後に、90日間知識ゼロからの行政書士集客力養成講座の講師の高橋氏にも回答をもらいましたので、貼り付けます。
さすが熟練の現役マーケッターです。なるほど~と思います。


こちらのブログもご覧ください


同じカテゴリーの前のブログ:

同じカテゴリーの次のブログ: