食えない行政書士にならないために。これから開業するあなた、開業準備はできてますか?
2018-09-09

相手も仕事だからしょうがないね。テレアポ「会って」の断り方はこれ!!

金曜日に行政書士会の名簿からか、金融取引会社の担当者から「今、トルコが政情不安で、今トルコに100万円投資すると年末には1,500万円になっている可能性があります」とテレアポが。

「30分だけでいいので、会って話を」って。

いや、いや、会わないよ。だって、電話の向こうでは、沢山のオペレーターが同じような話をしている声が聞こえるし。

まぁ、相手も仕事ですので、こちらも決してガチャ切りしたり、強い言葉で電話を切ることはしませんが、電話を掛けてきた人は、文書を読んで話しているみたいで、なんだか感情も感じられず。しかも「先生、先生」って。

行政書士は先生じゃないって。行政書士はビジネスだって!!

別に口には出さないけど、内心「先生」って言われることほど嫌なものはない。それに、100万円投資して、4ヶ月で1,500万円になるなら、自分でやれば?今時、銀行傘下のカード会社なら直ぐに100万円貸してくれるでしょ。

最後に相手が伝えてきたことは、「もし投資するなら、私にお願いします」って。

でもね、もし投資するとしても、会社名も名前も覚える気はないから、買う相手はあなたじゃないかなって。だって、信頼関係がないし。

そこで、迷惑なテレアポのお断り方を。今回はこの担当者に言ったわけではありませんよ。そんなに悪い担当者ではなかったので、使いませんでした。
それで、断り方は、
個人事業主の大切なものと言えば「時間」と「見込み客リスト」ですので、
「時間は貴重だからね。自分に面談したいなら、面談費として1時間5万円かかります。前払いで振り込んでください。」

これで、大丈夫。今まで振り込まれたことはありませんから。

それと、こういうテレアポを受けるたびに、私もいつも実感していますが「売る」って難しいですよね。信頼関係のない相手に売ることは「押し売り」ですから。

そうそう、行政書士さんにも言えることで、注意が必要なんですが、自分が売り込まれるのが嫌いなのに、不思議と行政書士になると、平気で見知らぬお客様に売り込む人がいます。早くお金を稼がないといけない気持ちは重々分かりますが、時間を掛けて信頼関係を得てから売ってくださいね。そうしないと、押し売りって思われて、ウザいって言われますよ。

【初回ZOOM無料開業相談】


あおぞら行政書士事務所
代表 小坂 彰宏

【初回ZOOM無料開業相談】

開業でお悩みのあなた、もし良かったらZOOMで1時間ほどですが、開業相談をしてみませんか?メンバーは、あなたと小坂、そして、もう1人か2人の3名~4名です。本来は有料ですが、暫くは無料です。いつまで無料かは分かりません。

ただし、無料だからといって冷やかしや暇つぶしでのご参加はご遠慮ください。本気で行政書士で生きていきたいと考えている人のみです。
ちなみに、初回ZOOM無料開業相談以外、メール等での無料相談はしておりません。全て有料になります。

ZOOM相談参加の方に「あなたが今やるべき開業チェック88」のリスト(PDF)をプレゼント

お名前※(必須)

Mailアドレス※(必須)

Mailアドレス※(確認・必須)

電話番号※(必須)

開業のお悩み・不安※(必須)

初回ZOOM無料開業相談のご希望の日にちと時間帯を3つご入力ください。

第一希望日

希望時間

第二希望日

希望時間

第三希望日

希望時間

私、小坂は建設業許可申請、経審を中心に農転、相続などを扱う行政書士事務所とホームページ制作、動画編集を手掛ける合同会社を経営しています。
関連記事