2016-11-03

もし依頼がなくて売り上げが減って。そんな時、あなたなら?

最近、依頼がこなくて売り上げも減ってきた・・・。
そんな時、20万円の仕事が来ました。そして無事に終わり20万円の収入。

さて、その20万円、あなたならどうしますか?

  1. 生活が苦しいから全額生活費で使ってしまう。
  2. 最近お金がなくて飲み歩いていないから、久しぶりに飲みに行ってパッと使ってしまう。
  3. いざというときのために貯金する。
  4. 次のお仕事に繋げるために、全額、Yahoo!やGoogleのリスティング広告費に投資する。
  5. 半分生活費に使って、半分、次の仕事の依頼のためにYahoo!やGoogleのリスティング広告費、Facebook広告に投資する。

ここまで読めば、もう、この質問の先にある意図することは分かりますよね。

今後も事業を進めていく上で、あなたが4番か5番を選んでくれたと、切に願っています。儲かったら全て生活費に使ってしまうと、なかなか上手く事業が回っていきません。事業を進めていく上で、あなたの事務所を知ってもらう為にもYahoo!やGoogleのリスティング広告費等への投資は必要です。

ただ「Yahoo!やGoogleの広告費にお金を投資しましょうね」と言うと結構な割合でこう返ってきます。
「リスティング広告を出しても元とれないと損だから嫌だ」

こう返されると「勝手にすれば」というレベルなんですが、残念ながら広告というのはそういうものです。あくまで投資ですので、元が取れないかもしれませんし、依頼に全く繋がらないかもしれません。

でも、だからと言ってリスティング広告にも投資もせずにどうやって事務所を宣伝していくのでしょうか?

今までの集客方法で上手くいかなかったから悩んでいるのではないですか?それとも明日からも今までどおりの集客方法でやっていくのでしょうか?

先月、私の友人の行政書士さんが、3年間ほど「リスティング広告を出しましょうね」と言い続けて、ようやく月に1万円をGoogleのリスティング広告に投資してくれました。

「毎月依頼がなくて全然お金がないけど、でも長い間広告を出そうって言われ続けたから、もう崖から飛び降りる気持ちで投資した」とご本人がお話ししてくれました。

その結果は、予算が少ないので、1クリック上限150円、一日の限度額を700円ぐらいに設定して、クリックは一日の限度額いっぱいまでされたのですが、お問い合わせは1件だけだったそうです。

そのため、ご本人は次月も1万円のリスティング広告を続けるか相当悩んだそうですが、なんとか続けてくれることになりました。1万円の広告費はご本人にとって相当大きなお金なんですけど、続けないと意味がないので、我慢して続けてくれるそうです。

ただ、お問い合わせが1件だけだったとしても、リスティング広告をするのとしないのでは、ホームページの閲覧件数は相当違いますので、1万円分が全てクリックされたということは、少なからず誰かが見てくれたということです。

ですから、その数値を分析して期間限定の割引や人数限定の割引などのオファーを修正していけば反応は上がっていくと思います。

リスティング広告への投資は、元さえ取れなかった時の精神的な辛さはあるでしょうが、これも永く続く事業のための欠かせない集客のひとつですので、ぜひやってください。

2016-11-03

もし依頼がなくて売り上げが減って。そんな時、あなたなら?

最近、依頼がこなくて売り上げも減ってきた・・・。
そんな時、20万円の仕事が来ました。そして無事に終わり20万円の収入。

さて、その20万円、あなたならどうしますか?

  1. 生活が苦しいから全額生活費で使ってしまう。
  2. 最近お金がなくて飲み歩いていないから、久しぶりに飲みに行ってパッと使ってしまう。
  3. いざというときのために貯金する。
  4. 次のお仕事に繋げるために、全額、Yahoo!やGoogleのリスティング広告費に投資する。
  5. 半分生活費に使って、半分、次の仕事の依頼のためにYahoo!やGoogleのリスティング広告費、Facebook広告に投資する。

ここまで読めば、もう、この質問の先にある意図することは分かりますよね。

今後も事業を進めていく上で、あなたが4番か5番を選んでくれたと、切に願っています。儲かったら全て生活費に使ってしまうと、なかなか上手く事業が回っていきません。事業を進めていく上で、あなたの事務所を知ってもらう為にもYahoo!やGoogleのリスティング広告費等への投資は必要です。

ただ「Yahoo!やGoogleの広告費にお金を投資しましょうね」と言うと結構な割合でこう返ってきます。
「リスティング広告を出しても元とれないと損だから嫌だ」

こう返されると「勝手にすれば」というレベルなんですが、残念ながら広告というのはそういうものです。あくまで投資ですので、元が取れないかもしれませんし、依頼に全く繋がらないかもしれません。

でも、だからと言ってリスティング広告にも投資もせずにどうやって事務所を宣伝していくのでしょうか?

今までの集客方法で上手くいかなかったから悩んでいるのではないですか?それとも明日からも今までどおりの集客方法でやっていくのでしょうか?

先月、私の友人の行政書士さんが、3年間ほど「リスティング広告を出しましょうね」と言い続けて、ようやく月に1万円をGoogleのリスティング広告に投資してくれました。

「毎月依頼がなくて全然お金がないけど、でも長い間広告を出そうって言われ続けたから、もう崖から飛び降りる気持ちで投資した」とご本人がお話ししてくれました。

その結果は、予算が少ないので、1クリック上限150円、一日の限度額を700円ぐらいに設定して、クリックは一日の限度額いっぱいまでされたのですが、お問い合わせは1件だけだったそうです。

そのため、ご本人は次月も1万円のリスティング広告を続けるか相当悩んだそうですが、なんとか続けてくれることになりました。1万円の広告費はご本人にとって相当大きなお金なんですけど、続けないと意味がないので、我慢して続けてくれるそうです。

ただ、お問い合わせが1件だけだったとしても、リスティング広告をするのとしないのでは、ホームページの閲覧件数は相当違いますので、1万円分が全てクリックされたということは、少なからず誰かが見てくれたということです。

ですから、その数値を分析して期間限定の割引や人数限定の割引などのオファーを修正していけば反応は上がっていくと思います。

リスティング広告への投資は、元さえ取れなかった時の精神的な辛さはあるでしょうが、これも永く続く事業のための欠かせない集客のひとつですので、ぜひやってください。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: